【コラムNo.28】会社の売却を成功させるには?

トップページ > コラム > 【コラムNo.28】会社の売却を成功させるには?

【コラムNo.28】会社の売却を成功させるには?

会社売却の成功ポイント


日本には数多くの企業が存在していますが、成長戦略の一環として、また事業承継の選択肢として、会社を売却するケースが増えています。実際に売却をする時には、取引先に相談するケースもあれば、M&Aサービスを提供する仲介会社などを利用して譲渡先を探すケースもあります。会社の売却を成功させるためには、いくつかポイントがあります。
まずポイントの一つとして挙げられるのが、売却のタイミングです。つまりいつ売却をするのかということになります。基本的に売却により手に入った資金で老後生活を送る方などもいるので、できるだけ高い値段で売却したいと考える方も少なくありません。
高い値段で売却するためには売却のタイミングは重要な要素の一つです。例えば経営状態が悪い時に売却してもそれを引き継いでくれる企業は少ないです。つまり需要が低いため価格が下がる可能性があります。一方で業績が好ましい時に売却するとその分価格が高くなる可能性があります。タイミングは会社の業績だけでなく、経営意欲も考慮しましょう。オーナー経営者の経営意欲が旺盛で、業績も好調な時は、会社を売却するタイミングではありません。逆に会社を買収してさらに事業を伸ばしていく、ということを考えたほうが良いかもしれません。一方で、業績は好調だが、オーナー経営者が高齢だったり、別の事業を始めたいなどという考えを持っていたりして、徐々に経営意欲が低下しているときは、会社を売却するよいタイミングだと思います。

株式譲渡による会社売却


中小企業のM&Aでは9割以上が株式譲渡という手法で行われることが多いです。株式譲渡は、オーナー経営者の株式を第三者へ譲渡することにより、譲り受け先へ円滑な事業承継を実現する手法です。株式譲渡の際には、将来の超過収益力等を加味した「のれん」が上乗せされて評価されるため、オーナー経営者は他のスキームよりも大きな創業者利潤を得ることができます。また個人の担保・個人保証も解除され、後継者問題の解決とオーナー経営者のハッピーリタイアメントを実現することができます。
また、M&Aで譲り受け先となるのは、経営・財務基盤の強固な企業が多く、譲渡企業側の経営基盤の強化が期待できます。
さらに、企業の売却を検討される際、多くのオーナー経営者にとって気がかりなのは、譲渡後の従業員の処遇ですが、中小企業においては人に依存する面が大きいため、実際の中小企業のM&Aでは、ほとんどのケースにおいて、役員・従業員について一定期間の雇用継続が条件として盛り込まれます。経営・財務基盤の強固な企業が譲り受け先となることで、これまでできなかった従業員の育成強化や、多様なキャリア開発など、従業員の士気向上につながるケースも多いです。

企業を売却したり買収する魅力について


現在では企業の中には買収をしたり、売却をするケースも少なくありませんが、売り手、買い手両者に魅力があります。まず売り手が得ることができる魅力は業績不振の事業からの撤退することができます。比較的事業規模が大きいところでは様々な事業を行い顧客にサービスを提供しています。
しかし、取り扱っている事業の中には業績不振に陥るケースもあります。業績不振の事業を継続すると会社全体の負担になるケースもあるので、撤退するケースも多いです。そのような時に一部事業を手放すことで黒字経営を目指すことができます。その他の売り手の魅力は従業員の雇用を守ることができる点です。実際に雇用を守ることができなければ従業員は路頭に迷ってしまう可能性があり、経営者の中にはそれはできるだけ避けたいと考える人が多いです。
事業承継をしてもらうことで、従業員が路頭に迷うリスクを少なくできます。このように売り手に魅力がありますが、買い手にも同じぐらい利点が存在しています。例えば弱い事業部門を強化できることです。例えば買収をすることでその企業が所有する技術や設備なども承継することができます。その技術を取り入れることで今まで弱い部門を強化することができ、売上アップや質の高いサービス提供などをできる可能性があります。既存部門だけでなく新規参入をする時も買収をすればリスク軽減なども期待することができます。

M&Aサービスを提供する業者を利用しよう


企業の売却を検討される際には、M&Aサービスを提供するM&A仲介会社を利用することをお勧めします。M&Aサービスを提供するM&A仲介会社では様々なサービスを実施して買収や売却を検討している経営者をサポートしてもらうことができます。実際に成約実績が豊富にあるところも多く、そのようなM&A仲介会社を選択すれば安心して利用できる方も多いでしょう。
また、M&A仲介会社の中には無料相談を実施してくれるところも多いです。実際に悩みを抱えている経営者も多いです。例えば今の経営状態でも買収してくれる会社はあるのかなどです。このような相談などもプロの専門家が対応してくれるので、悩みを少なくできる可能性もあります。
また、実際にM&A仲介会社の中にはセミナーなども行っているので、セミナーに参加すればM&Aや事業承継に関する情報を多く知ることができます。そのため、セミナーに参加して知識を習得していきましょう。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。