【コラムNo.39】企業の買収について

トップページ > コラム > 【コラムNo.39】企業の買収について

【コラムNo.39】企業の買収について

専門会社を利用して会社を買収する時の流れについて


企業においては自社で行っている事業を拡大するため、新しい業種への参入を目指す目的で買収を行うところは珍しくありません。例えば、今現在事業を進めている企業の中にはある技術を製品に取り入れる時、その技術を一から開発するのではなく、他の会社が生み出した技術を用いたいと考えることは少なくありません。その場合買収をすれば短期間でその技術の活用や商品開発の進捗を期待することができます。
会社の買収に関しては別名M&Aと表現されることがあります。このようなサービスを実施してくれる専門会社は日本には複数あり、買収を検討している人はこれらのサービスを利用して、目的を達成するためにサポートしてもらうところが多いです。では実際に専門会社を利用した時にどのような流れで業務の引き継ぎをすることができるのでしょうか。
まず始めに専門会社を利用する時は個別相談を利用することになります。個別相談を受けることで自社の今後の事業展望などを伝えることができます。そのニーズをもとに専門会社側から提案をしてもらうことができます。この時に非公開案件などの紹介もしてもらうことができる場合もあります。その後にノンネームでの提案を受けます。ニーズに適した譲渡案件がある時、匿名情報で提案をしてもらうことができます。その後に監査を専門会社側で行ってもらえます。次に候補先とのトップ面談を実施して、買収希望価格などについて候補先の役員から伺いがあります。それから仲介依頼提携書の締結を結び、基本合意契約の締結、最終条件の確定を行います。そして調印式などを行い代金決済完了後に新体制で事業引き継ぎを行うことができます。このような流れで業務引き継ぎができますが、基本的に専門会社を利用すれば提案から代行で先方との面談などあらゆる必要なことを行ってもらうことができるので、大きな負担を負うことは少なくなっています。

買収側と売却側に魅力がある


今の日本には数多くの企業がありますが、定期的に企業を購入したり、売却したりすることが行われています。購入する側の魅力としては実績のある会社を買収することで、初期事業開始におけるリスクを低下させられる可能性がある点です。実際に企業の中には更に利益を上げる目的で新しい分野へ進出する企業は少なくありません。例えば家電製品の開発を行う会社が、クラウドサービスなどのシステムを販売するために事業を拡大するところもあります。基本的に知らない分野に進出する時はその事業に関して社内で知っている人材が少ないので、もし魅力ある製品を作ることができない時は経営リスクが高くなります。
しかし、既に実績のある会社を買収することで既にそのサービスを利用しているクライアントがいるので失敗のリスクを少なくできたり、スムーズに新しい分野の事業を開始できたりする可能性があります。このように買収する側にも魅力がありますが、逆に企業を手放す側にも魅力が存在しています。その魅力とは技術やノウハウを他の会社に引き継いでもらうことができる点です。
基本的に買収というワードを耳にして利益が少なく赤字続きの企業をイメージされる方も多いですが、経営状態が良好な企業も手放すケースもあります。その理由は事業継続への不安などです。後継者問題などで経営継続が難しいケースもあり、もしそのような企業が倒産してしまえば今まで培ってきた会社のノウハウや技術が途絶えてしまうことになります。もし他の企業に手放すことでノウハウなどを伝えることができたり、技術継承ができたりするので、もし経営者を止めたとしても培ってきた技術が日本などに残ることになります。そのため、利点を感じる人は少なくありません。このように両者に魅力があるので、専門会社を利用してサービスを利用している人は多くいます。もし事業拡大や事業継続困難な課題に直面しているところは一度サービスの利用を検討してみても良いかもしれません。

買収をサポートしてくれる専門会社を選択しよう


現在、日本には買収をサポートしてくれる専門会社が複数あります。実際に売却や買収を検討している人の中にはどのような専門会社を選択すればいいのか知らない人も多いです。もし専門会社を選ぶ予定がある人は、安定した成約実績がある専門会社を選択してみてはいかがでしょうか。もし成約実績があれば当然、買収のサポート経験があるので、今までの経験や知識などを生かしてサポートしてもらうことができる可能性があります。
その他の選び方は豊富な案件情報を所有しているかどうかです。もし案件情報が少ないと自社が取り入れたい技術を所有しているところが存在しない可能性があるので、目的を達成できない確率は低くありません。未公開案件などどのぐらいの案件を扱い紹介してくれるのかをホームページなどで調べて自社に合った適切な専門会社の選択を行います。もしわからないことがある人は、問い合わせなどをホームページから受け付けているでしょうから、一度利用して不安点や疑問点の解決のためにアドバイスをもらいましょう。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。