【コラムNo.15】M&Aのアドバイザリーサービスを利用して譲渡や買収を検討

トップページ > コラム > 【コラムNo.15】M&Aのアドバイザリーサービスを利用して譲渡や買収を検討

【コラムNo.15】M&Aのアドバイザリーサービスを利用して譲渡や買収を検討

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aのアドバイザリーサービスを利用


会社の経営者にM&Aのアドバイザリーサービスを行っている会社がいくつかあります。どのようなサービスかという事を、例を挙げて説明します。

まずは第三者への株式譲渡を事業承継のために考えているという例があります。それから、会社の成長のために大手の傘下に入るかどうか検討したいと言う例もありますし、会社を大きくするために譲渡や買収を検討したいという例も挙げられるでしょう。

こういった会社にとっていざと言う時に相談できるサービスがアドバイザリーサービスというものです。経営者は時として、大きな決断を迫られることがあります。そんな時、第三者の目で見てアドバイスしてくれる存在は大きいでしょうし、そういった第三社的な意見というものは大いに参考になるものでしょう。そのため、このようなアドバイザリーサービスを利用することで、その会社の存在そのものに大きな影響を及ぼすといったこともあります。特にあらゆる取引に関することや株等の譲渡や買収に関することとなると、全従業員の生活にも関わってしまうかもしれないようなことですから、決しておろそかに出来ないでしょうし、社長一人の決断だけでは怖いものです。そのため、そういうときはアドバイザリーサービスに的確な意見を頼むと安心できるものでしょう。

このように、第三者の意見は大事です。それに、この厳しい世の中ですから、資金が足りない、取引先がだめになった等、様々な理由で倒産してしまうような企業もあります。そういったことにならないように、第三者の意見を念頭に置いて、様々な取引をしていくと良いでしょう。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは親身なサポートをしてくれるM&Aアドバイザリー会社がおすすめ


オーナー経営者にとって、心配なことの一つは、その企業にとって一番良い相手と一番良い時期に取引できるかどうかという事でしょう。特に譲渡や買収の問題になると、お金が絡みますから、進退問題にまで発展する可能性が高くなります。こういったところを親身になってサポートしてくれ、的確な意見も言ってくれるような存在がアドバイザリーサービスと言っていいでしょう。

こういったM&Aのアドバイザリーサービスの流れを説明しますと、まずは経営者から様々な相談をメールや電話で受けます。たとえば、買収を希望するとしますと買収価格の算定や実現性があるかどうか等を検討し、具体的な候補先を選定、その候補先の事業内容を紹介した上でどのようにすればよいかということを第三者的な目線でアドバイスしてくれますから、相談者として助かるような分かりやすいアドバイスを受けられます。そして最終的に各種条件を調整し戦略を立ててくれます。また、株式譲渡の相談においては、譲渡に関する戦略を助言し、譲渡案件としてどのようなものがあるか、案件開拓の後の候補先はどのようなところかを紹介してくれることもあります。その際、候補先の事業内容を教えてくれますし、実務についても詳しく説明があるでしょう。そして譲渡条件を最終的に確定できるように各種の条件を調整してくれますから、相談者としては安心でしょう。

このような相談者である企業側に立った親身になるサポートで会社の経営者としては、助かることが沢山あるでしょう。何といっても、多くの社員にとっても利益になるようなアドバイスをもらえますから、会社の存続やさらなる発展につなげられるのです。第三者目線のアドバイスは安心できるものですし、企業にとっての大きな力ともなるでしょう。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは買収検討時のポイントは?


企業間における買収検討時のポイントはどんなものがあるか、以下で説明します。

まずは株の譲渡に関することですが、価格より中身、何より価格優先等、経営者の考えはそれぞれですから、アドバイザリーサービスとしてはどちらがいいとは言わず、経営側の考えをベースに話を進めていくことが多いです。また、譲渡の希望価格の問題がありますが、こちらはアドバイザリーサービスとしては、適正価格の幅を教えてくれるので、それより高いとどうなるか、安いとどうなるかという展開を相手に話すのみで、そこでどのようにしたら良いかは、相手に考えてもらうという手法を取るのが基本です。これは、より良い方法を考えるという事でその企業が戦略を立てやすくするためです。

そして、大手の傘下に入るなどという時は、相手先の選定が難しいものです。アドバイザリーサービスとしては「相性」「直観」というものを大事にしていますが、それだけではいけないこともあります。あまりに相手に思いを寄せると欠点がみえなくなってしまうということです。企業同士の相性はある程度、割り切ったものでなくてはいけないということになります。

また、会社同士の譲渡や買収においては、売れる時、売りたい時のお互いのタイミングが大事という事です。業績のよい売れる時はもっと頑張れると思って企業は出し惜しみしますが、業績の悪いとき、何とか売りたいと相談に来ても買ってくれるところはないでしょう。ですから、早めの方が買収しやすいようです。そう行った時は買い手は売り手の条件を飲んでくれることが多いでしょう。このようなポイントを教えてもらえるのは企業にとって有益なことです。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。