【コラムNo.16】会社の譲渡や買収をご検討中の方にとってのお役立ち情報

トップページ > コラム > 【コラムNo.16】会社の譲渡や買収をご検討中の方にとってのお役立ち情報

【コラムNo.16】会社の譲渡や買収をご検討中の方にとってのお役立ち情報


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは後継者不在などにより、自社の譲渡を検討している経営者の方へ


自社企業の譲渡を考えているという方もいるでしょう。そのような場面では、契約を取り交わすタイミングや相手、価格などの条件に気を配ることが大切です。この先、M&Aを行なうにあたって、重要視するポイントやその優先順位は、それぞれの経営者によって違いがあります。例えば、自社の経営理念や事業内容を理解し、きちんと引き継ぎを行なってくれるのであれば、価格にはこだわりを持たないという経営者の方もいれば、契約する相手先企業よりも、何よりも価格を優先するという経営者の方も存在します。

それらの中でも、希望価格を設定するにあたっては、業界内におけるM&Aの取引実績や、譲渡を希望する会社の業績、財務内容などを考慮に入れた上で、適切な金額を算出することがポイントになります。業者の中には、それらの条件を踏まえた上で、企業価値をシミュレーションするサービスを無料で提供しているところもあるので、チェックしてみることをおすすめします。

こちらのサービスを利用すれば、自社の価値に見合う適正な価格のレンジ、つまり幅を知ることができます。適正価格のレンジ内で価格設定を行なうことにより、取引を希望する企業が数多く登場することが想定されます。ただし、必ずしもその範囲内で価格設定をしなければならないという訳ではありません。例えば、取引を希望する企業の数が少なくなっても、適正価格のレンジよりも高い希望価格を設定するという選択肢もあります。



M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは取引先企業を選定する際に押さえておきたいポイント


M&Aを行なうにあたって、取引先企業を選定する時には、相性や直感的な要素に頼るという方法もあります。例えば、価格面ではお互いの提示している条件にギャップがあるものの、興味・関心を惹きつけられる何かがあるという場合、その直感を優先して取引先を選ぶのも選択肢の一つです。その一方で、譲渡や買収する際、相手先企業の経営者の人柄や、会社の雰囲気などに、不満がある状態で交渉を進めると、途中で破談になってしまうリスクも生じてくるので、注意する必要があります。

また、相手先企業を比較・検討するに際しては、お互いの長所や短所を披露しあいながら、双方にとっての将来ビジョンを描いていくこととなります。このような場面では、相手の良いところばかりに気を取られると、悪いところが見えにくくなってしまうので、十分に気をつける必要があります。また、現在の状況はもちろんのこと、中長期的な視点を持って、相乗効果を考えてみることも重要なポイントとなります。

次に、ビジネスシーンにおけるM&Aを行なうにあたっては、プライベートで結婚する時と同じように、タイミングに気を配ることが大切になるでしょう。例えば、会社の業績が右肩上がりの時には、取引を希望する企業が数多く登場しますが、経営者としては、もっと業績を伸ばすことができるという思いから、売りたくないと考えるものです。つまり、売れ行きの良い時には、売りたくないという図式が成り立ちます。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aを行なうタイミングと仲介会社の選び方


これから自社の譲渡や買収を検討するのであれば、検討を開始するタイミングにも気を配ることが大切です。例えば、業績が下がってきている状態で行動を起こした場合、取引可能な価格のレンジはそれなりに下がってしまうことが想定されます。業者スタッフへ相談した時に、そのような条件を提示された場合には、「業績を立て直してからまた相談に来よう」と考える経営者が多く見受けられます。つまり、売りたい時には、売れないという図式が成り立つわけです。

そのように考えてくると、検討を開始する時期としては、業績が上向きに推移して、売り上げがピークに達する少し前か、経営者が「惜しい」と感じるぐらいの時をおすすめします。こうしたタイミングで業者スタッフに相談を持ち掛ければ、取引を希望する相手先企業に、提示した条件を承諾してもらいやすくなり、スムーズかつスピーディーに交渉を進めることができるでしょう。そのように、早めのタイミングで行動を起こせば、条件の交渉に際して有利な立場になることができると言って良いでしょう。

次に、この先、M&Aを行なうにあたっては、利用する業者の選び方もチェックポイントになります。例えば、税理士法人や社労士法人などを有する会計事務所グループに属するM&A専門業者として、企業グループ内の相乗効果を活かして、クライアントの持つ経営課題を早期に発見・解決したり、新たな可能性を引き出したりしているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。また、ワンストップサービスを提供している業者は、スムーズでスピーディーな対応を期待することができます。そして、業界内で豊富な経験を積んできた業者は、その中で培ったノウハウを活かして、信頼性の高いサービスを提供してくれるでしょう。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。