【コラムNo.17】この先自分の会社を売ることを検討するのであれば

トップページ > コラム > 【コラムNo.17】この先自分の会社を売ることを検討するのであれば

【コラムNo.17】この先自分の会社を売ることを検討するのであれば


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはこれからM&Aを行なおうと考えている企業経営者の方へ


この先、M&Aの取引によって、会社を売ることを検討しているという方は、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。そのようなシーンでは、利用するM&A仲介会社の選定方法にも気を配ることが大事になります。例えば、グループ企業の強みを活かして、クライアントの課題を早期解決したり、新しい道を切り開いたりしてくれるところは、利用価値が高いと言えます。また、ワンストップサービスを手掛けるM&A仲介会社は、円滑で迅速な対応を期待することができるというアドバンテージがあります。そして、業界内で顧客の信頼を勝ち得て、培ってきた経験とノウハウ、専門性の高い知識を凝縮したソリューションを提供してくれるところは、利用価値が高くなります。

また、利用するM&A仲介会社を選ぶにあたっては、機動性や情報量、交渉スキルなどもチェックポイントです。中でも、少数精鋭をモットーとして、スタッフのチーム編成を行なっているところは、フレキシブルで機動性の高いソリューションを提供してくれることでしょう。例えば、金融系コンサルティングファーム出身者など、専門性の高い知識を有するその道の専門家たちによって少数精鋭のチーム編成を行なっているところもあります。こちらは、クライアントの抱えている経営課題に対して、きめ細やかで丁寧な対応を期待することのできる業者になります。

そして、M&Aの取引を成功させるためには、情報提供の面において優れているM&A仲介会社を利用することもポイントになります。例えば、独自の情報ネットワークを駆使して、スピーディーできめ細やかな情報を提供してくれるところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。また、定期的にイベントを開催し、企業経営者や著名人など、幅広いジャンルから有識者を招いて、M&Aに関する情報提供を行なっている業者も存在します。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&A による事業承継を行なうにあたってのチェックポイント


これから企業の事業承継やM&Aによって、自社を売ることを検討するのであれば、然るべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切なファクターです。例えば、廃業して会社を精算するためには、手続きが煩雑になるので、それなりのエネルギーや時間、コストを負担しなければなりません。そのような状況へ追い込まれる前に、再生可能な事業は、M&Aの取引によって承継するというのも一つの方法です。業者の中には、無料の個別相談サービスを提供し、M&Aに関するアドバイスを行なっているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

次に、親族以外の役員に事業を承継するにあたっては、株式の資金を調達するのが難しく、後継者が会社経営を行なう上で必要となる株式を取得することができないケースもあり得ます。そのような経緯から、旧代表者が株式を所有したまま新しい会社に留まるなど、所有と経営が分離した状態になることがあります。こうした状態には、それなりの問題点があるので、あらかじめチェックしておくことが大切です。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは事業承継については、できるだけ早く行動を起こすことが大切


自分の会社を売ることを検討するに至る経緯は、人それぞれに違いがあります。そのような場面で、事業承継への然るべき対策を講じていないと、会社の経営状態がさまざまな面で不安定になって、事業を承継することが困難になってしまうので、注意する必要があります。こうした問題が起こるのを未然に防止するためには、なるべく早い段階でアクションを起こすことが大切です。

例えば、事業承継を行なうに際して、株式の資金調達に失敗すると、所有と経営の分離状態が発生することがあります。このような状態になると、オーナーもリスクを負担することとなります。一般的に、中小企業では、事業用資産と個人の財産が混在している場合が多く存在するため、後継者に経営をゆだねた後、オーナーの個人資産を担保にして、新たな資金調達をすることになる可能性もあります。

また、中小企業の場合、意思決定や判断を迅速に行なうことのできる環境が整っているため、市場や社会の変化を素早く察知して、スピーディーな対応をすることが可能になるという利点があります。しかしながら、会社の所有と経営が分離してしまうと、重要な意思決定を行なう上で、オーナーの同意を得ることが必要となり、中小企業の強みである機動性の高さが失われてしまうリスクが生じてきます。

そして、所有と経営が分離した状態では、経営者や従業員のモチベーションが上がりにくいという問題もあるでしょう。このような状態において、経営者が受け取ることのできるのは、役員報酬のみです。また、実質的には、従業員や経営者の功績として企業価値が向上した場合でも、株価の上昇に伴って生じる利益を享受することができるのは、自社の株式を所有しているオーナーのみとなります。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。