【コラムNo.19】建設業界のM&Aは仲介ということを視野に

トップページ > コラム > 【コラムNo.19】建設業界のM&Aは仲介ということを視野に

【コラムNo.19】建設業界のM&Aは仲介ということを視野に


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは建設業界で生き残っていくために


さまざまな業界がある中で、建設業界は再び注目されるようになってきました。イベントも増えてきていることから、さまざまな事業が注目されるようになってきています。現実的には大きな問題を抱えている状態で、現状を考えてみても今後の対策をしていかなければいけないでしょう。実際に建設投資額のピークは遠い過去に過ぎており、就業者数も減少しています。少子化の影響をもろに受けた業界でもあり、高齢化が加速している業種といってもいいでしょう。都市部では仕事は多く出てくる可能性が高くあるものの、人がいないという問題を抱えているといえます。

今後の展望を考えると、オリンピックなどに合わせてインフラの整備などの人材が大量に必要であり、人材不足による他の工事の遅延や延期といったことも懸念されている状況です。コストと問題が大きく、業界的なレベルだけではなく、企業レベルでの人材確保は急務となっているのが現状といえます。それだけの大きな競争が働いてくるため、M&Aを進めていくというのもひとつの方法です。こうした事情が大きく絡んでいることを考えると、市場は大きく変化する可能性を持っているともいえるでしょう。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは建設業界的な構造とM&Aすることのメリット


建設業界の仕組みを考えていくと、ピラミッド構造になっていることがわかります。一般的な業界よりもこの構造の色が強く、上下についていく企業が多く存在するようになっているのが特徴です。大手5社と呼ばれるスーパーゼネコンのほか、準スーパーゼネコンと呼ばれるゼネコンが存在し、その下に地方のゼネコンがあります。さらに、小さな建設業が存在するだけではなく、ひとり親方などの企業があり、それぞれが協力会社などの形でつながっていることが多いといえるでしょう。

近年は、人材不足の波が訪れるようになり、人を引き抜くどころではなく、M&Aによって再編が起こるようになりました。業界としての流れや枠を超えた再編もおこなわれるようになり、経営戦略として大きく様変わりしてきているといえるでしょう。海外の企業やメーカーまでM&Aで買収するところが出てくるなど、これまでとは違った活性化を見せているともいえます。ですが、大型事業に付随するものが多い中、他の事業はあまり伸びてきておらず、先行きが明るいとは言えません。だからこそ、有効な手段として建築でのM&Aを考えるところも増えてきています。

M&Aを進める理由としては、利益率の低下といった問題も重要です。供給過剰といった問題もあり、価格競争が激化してきているところがあります。価格競争が行き過ぎてきており、競争力を高めるといったことでもM&Aが進められてきている部分があるといえるでしょう。会社存続ということを考えているところもありますし、後継者不足ということでも対策にすることができます。それだけに、仲介するようなところを見付けていくということも必要になってくるでしょう。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aのメリットを考える


M&Aを考えることのメリットはいろいろとあります。建設業ということでは、商圏範囲の問題も抑えなければいけません。一般的な業種と同様に、商圏範囲に限界があります。実際に移動できる範囲には限界があることから、商圏範囲を考えるとM&Aの価値は非常に高い価値が出てくるといえるでしょう。縦に並ぶ特徴があるということで、販路の拡大に有効になってきます。

業界的な特色の部分ですが、どうしても縦につながっていくことを考えると、M&Aによって新たな販路を作り出すことが可能です。収益の改善ということでも、強い効果をあげることができますが、これは相当な情報収集が伴います。吸収するということを考えても、簡単にはいかないことは間違いありません。表面上はある程度の経営をおこなっていたとしても、実はかなりの問題を抱えていることは少なくありません。そうなると、合併したとたんに大きなマイナスを生み出すだけではなく、潜在的に大きな問題があるということも注意する必要があるでしょう。

M&Aということを考えた場合、自力でおこなっていくことは、大変難しい部分を抱えているのは間違いありません。建設業ということを考えても、本当の内情を知るということが必要であり、ただ買収すればいいということでは成功しません。さまざまな情報を加味しながら考えていくことが必要になってくるため、数多くの情報を持っているM&A仲介会社を活用することがポイントになってくるでしょう。自分たちが必要な相手を見つけるということが重要になってきますが、なかなか見つかるものではありません。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。