【コラムNo.20】事業の売却を考える

トップページ > コラム > 【コラムNo.20】事業の売却を考える

【コラムNo.20】事業の売却を考える


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは事業売却の際のポイント


事業売却をする機会は少なくありません。イメージする人が多いように赤字の事業を売却するケースもありますが、会社の縮小化や社内や親族への承継ができないなど様々な理由で他の会社に譲渡するケースは珍しくありません。実際に日本には数多くあり、会社の譲渡や買収は頻繁に行われています。通常、譲渡や買収を行う時はM&Aのサービスを提供する専門会社に相談をするのが一般的です。M&Aでは戦略の決定や譲渡案件探しなども行うため、買取をする時も利用できます。では今回は事業売却を検討している人が予め把握しておきたいポイントを紹介します。

まずポイントの一つは譲渡するタイミングを間違えないことです。基本的に株主が譲渡することを決定することができますが、タイミングによって会社価値が変動する可能性があります。例えば、その事業の利益が高い時はその価値も高くなることが予想されます。そのため、多くの人が買いたいと手を挙げてくれる可能性があります。また、譲渡価格も高くなることが予想されます。このような好調な時に売ることで好みの買い手を見つけて売り、株主は高い利益を得ることができます。しかし、売上が不調でなかなか利益が伸びずに赤字になりそうな時は買い手が少なくなり売る価格も少なくなることが予想できます。そのため、最悪のケースでは買い手が見つからないこともあります。このように売るタイミングによって買い手が少なくなったり、売れる額も低下するので適切なタイミングで決断することで後悔が少なく譲渡できます。

二つ目のポイントは売る意思や条件を決めることです。基本的に譲渡を検討している会社の多くは条件がある方が多いです。例えばこれ以下の金額では売らないという条件やこの会社には売りたくないという買い手の選定です。このような意志や条件を決めておくことで条件や意志を明確化でき後悔の少ない譲渡を実現できる可能性があります。

三つ目のポイントは会社の実態を事前に正しく把握しておくことです。当然、譲渡をする相手の多くは買う事業の実態を正しく知っておきたいと考えます。確かに会社によってはあまり外部には漏らしたくない情報などがあるという方も珍しくありません。しかし、適切な時に開示しないと相手に不信感を持たれてしまう可能性があります。また、知らないと適切に説明をすることができないので、予め把握をしておき相手の開示要求に適切に対応できる体制を整えます。その他にも会社の特徴を明確に把握することやM&Aの活用などを挙げることができます。



M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは売却をすることで得られるメリットについて


では実際に事業売却をすることにより、売る側が得られるメリットにはどのような点を挙げることができるのでしょうか。

メリットの一つに一部の事業のみ売却できることです。複数の事業を抱える会社は多いです。例えば携帯電話の販売をしている企業が、Wi-Fiの事業やシステム事業に乗り出すケースもあります。あらゆることを行うことで利益を増大できる可能性がありますが、中には業績が悪いものもありそれを手放すことで赤字回避や営業利益の向上等を見込むことができます。

資産や従業員を守ることができることも利点の一つです。通常企業は数多くの社員や資産を抱えます。例えば会社によっては100名以上の従業員を抱えるところも少なくありません。大企業になれば抱える従業員の人数はさらに大きくなります。もし赤字などで倒産をしたり、譲渡や買収などをされてしまうと社員などを守れなくなる可能性もあります。そのため、資産や社員を守るために実際に手放す、譲渡する人も多いです。

その他にも現金を得ることができる点も利点です。基本的に売ったお金は、株式譲渡は株主のものに、事業譲渡の場合は、譲渡企業のものになります。例えば、売ったお金で、株式譲渡の場合は、株主の新しい事業の創業資金に使用したり、老後の生活にあてたりすることができますし、事業譲渡の場合は、会社の改築を行ったり、設備の入れ替えなどを行ったりすることができます。このようにメリットがあるM&A。スムーズに譲渡を進めるためにも、M&Aサービスを提供する専門会社に依頼をしてみてはいかがでしょうか。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&A専門会社(仲介会社)を利用して売却をしよう


現在では会社の売却などをサポートしてくれる専門会社があります。それはM&A仲介業務を行う会社です。実際に数多くの専門会社がサービスを行っているため、選ぶ際には複数の候補から選択することになりますから選び方を知っておくと参考にできます。

選び方は、成約実績を確認します。実績があればサポートを得られる可能性も高く、充実したサービスを得ることができる可能性があります。その他にも総合的にアドバイスを貰うことができるかどうかです。M&A専門会社の中には顧客に対して総合的にアドバイスをするために会計や税務、法務や労務など様々な観点からアドバイスをしてくれるところがあります。

総合的にアドバイスをもらうことで自分が気づけていないことも知ることができるので、後悔の少ない売却を実現できる可能性があります。M&A専門会社を利用する時はホームページなどからお問い合わせをして見積もりを依頼できます。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。