【コラムNo.3】M&Aで売却する際に失敗しないためのコツと医療・ヘルスケア分野のM&A

トップページ > コラム > 【コラムNo.3】M&Aで売却する際に失敗しないためのコツと医療・ヘルスケア分野のM&A

【コラムNo.3】M&Aで売却する際に失敗しないためのコツと医療・ヘルスケア分野のM&A

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aとは



M&AとはMergers and Acquisitionsの略であり、企業の買収合併のことを意味します。2つ以上の会社が1つに合わさる合併と、ある会社が他の会社を買収することとがあります。また、最近では広義として買収や合併だけでなく、提携も含まれることがあります。買収や合併という言葉を聞くとネガティブなイメージを持たれがちです。しかし、行うことで両者のためになることが考えられ、利益が発生するために協力体制を敷くものです。そのため,業務提携や資本提携、買収ということを行うことによってそれぞれの会社にとっては得られるものがあるのです。
M&Aが行われる理由としては事業の拡大や縮小をして効果的に資源を利用するという目的があります。日本ではあまり行われず外国ではよく行われる手法でしたが、最近ではその業務の提携方法や得られる効果の大きさから日本でも活発に行われるようになってきています。業務提携をすることによってお互いのノウハウや技術、販路といったものを共有することができます。これによってお互いの利益を高めることができたり、製造や販売の販路拡大、業務の効率化をしたりといったメリットを得ることができるのです。
また、持っている技術をお互いに合わせることで新たな技術開発や商品開発を共同で行うことができたり、需要が追いついていない製品の製造を委託しあったり共同で資材の調達や工場の手配をしたりすることで必要数を製造して利益を確実に得るということもできます。
多くの人が複数の企業が再編することによって人員削減や工場閉鎖といったネガティブなことをイメージします。しかし複数の企業が集まることで今までできなかったことに挑戦できるというケースも多く、そのため今いる人材をフル活用して新たな業務を始めるというケースも多いので、リストラや閉鎖といったことが常に行われるわけではありません。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aのメリットとデメリット


M&Aが近年多く行われるようになっているのはもちろんメリットが色々とあるためです。もちろんデメリットもありますから、きちんとメリットとデメリットとを理解して行うことが必要になります。
業務提携というのはお互いの独立性が保てることが特徴です。そのため、財政状況や両者の置かれている状況、お互いの目指しているところの違いといったことによっては業務提携関係を解消することもできます。ただし、その反面関係性が強固なものであるとは言えませんから、片方が経営不振に陥っても支援が満足に行われないというケースもありますし、責任問題が不明瞭というところもあります。
技術提携の場合には各社の技術を持ち寄ることで最先端の新たな製品を生み出すことができたり作業スピードをあげられたりというメリットがあります。お互いの強みを活かすことができたり、持っている技術や工場をうまくやりくりしたりすれば生産スピードや加工の手間を抑えることができて生産速度を上げることも期待できます。複数の企業で開発を行うことで少ない経費で開発をできたりリスクを分散できたりという特徴もあります。
もちろんデメリットもあり、様々なことが考えられますが、もともと違う会社が一緒になることにより、混乱が起きることも考えられうまく機能しないといった事態に陥ることも想定して考えていかなくてはなりません。
これらの関係よりより強固なものとして資本提携があります。資本金を増加させることで財政体制が強いものになりますし相互の関係性があることでより有利な条件での取引が行えるケースも多いです。しかし、出資比率によって事業の比重の差が生まれるというデメリットもあります。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは医療・ヘルスケア関連の会社売却(事業売却)とM&A


近年では様々な企業がM&Aを行っています。あまり縁がなさそうに思われがちですが医療法人や医療・ヘルスケア関連の会社についてもM&Aを実行しているというケースがあります。特に売却する場合には自社にとってデメリットが少なくなるように色々と配慮をして行うことが重要になります。
売却する際に注目するべきことは色々とあります。しかし、売却をしなければならない状況に陥ってしまうと冷静に判断できなくなってしまったり、経営者も人に相談ができないことも多いために判断に迷ってしまったりすることも少なくありません。大事なことは自分たちにベストな決定をすることであり、その際には様々な視点から状況判断をすることが必要になります。
もしも自分たちでしっかりと判断ができないと思った場合には、M&Aのサポート業務を行っているエージェントに相談をするというのも一つの手段です。こういったエージェントというのは今までにも同じような医療関係の職種の業務提携や資本提携、売却といったものに携わっていることも多いのでその仕事の進め方であったり条件調整、譲渡条件の提示であったりというところで自分たちが不利にならないようしっかりと調整を行ってくれることが多いです。
また、提携先や譲渡先となる企業の選定についてもしっかりと確認をしてくれるので、自分たちだけでは気付けなかったポイントについても指摘をしてくれたりより良い譲渡先を提案してくれたりということもあります。専門用語の解説や書類作成といった面でもサポートが受けられるので不明点がある場合には相談だけでも行ってみると有効であるケースがあります。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。