【コラムNo.5】建築工事業界でのM&Aの現状と売却の際の進め方

トップページ > コラム > 【コラムNo.5】建築工事業界でのM&Aの現状と売却の際の進め方

【コラムNo.5】建築工事業界でのM&Aの現状と売却の際の進め方

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aとは


M&A(エムアンドエー)という言葉をよく耳にするようになっています。これは、Mergers(合併)and Acquisitions(買収)の略語であり、二つ以上の会社が合併して一つの会社となったり、ある会社が他の会社を買収したりすることを意味しています。最近では業務提携や資本提携、技術提携といった形をとっている企業も増えています。
適切な企業間でのM&Aというのは両者にたくさんの利益を生み出します。例えば、技術や資本を出し合うことによって新たな製品を開発できたり生産効率を上げたりということができます。お互いの持っている強みを生かして販路を拡大したり新たな事業を始めたりということもでき、会社がより大きく発展するためにとても大きな効果をもたらすものなのです。
長い間日本はもちろん世界的に不況の状況が続いています。思うように利益が出せないという企業も多いですし、ちょっとしたことで一気に経営状況が傾いてしまうということも多いです。そのような時に会社をつぶさず存続させるためには会社の形を変えて経営を続けるということも一つですし、自分たちだけでなく同じように危機に直面している会社と協力しあって会社を存続、繁栄させていくということはとても大事なことになってきます。
日本ではまだまだ新しい事業の進め方の方法ですが、外国では昔から見受けられていましたし、積極的に行われてきたことです。昔からある日本の経営方針とは合わない部分もあるために、まだまだその良さが理解されないことも多いです。ネガティブイメージが強い部分もありますが、近年ではそのメリットの多さから積極的に取り組んでいる企業も増えており、少しずつそういったネガティブなイメージが変わりつつあります。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは建築工事業界の現状とM&A


建築工事業界というのは震災の復興業務によって需要が高まっているために安泰な業界であると思われていることも多いです。確かに震災需要によって仕事は増えているので決して厳しい状況であるとは言い切れません。しかし、実際には復興需要によって政府からの業務依頼や個人からの業務依頼も多く行われている反面、円高や海外経済の動向によって資材の入手での費用がかさんでしまったり、海外企業へのシフトといった問題が起きていたりするため決して良い状況とはいえません。
実際、国内での建設投資というのはピーク時の半分まで落ち込んでいて今後も縮小されることが懸念されています。世界的な建築市場は日本よりもとても大きく10倍はあると言われており、新興市場を中心に上手な経営を行えばこれからも繁栄することが期待できる状況です。そこで、自社の今現在請け負っている仕事だけでなく外の業界に目を向けたり、海外に目を向けたりということを検討している専門会社も増えています。
海外市場や他の設備事業との連携を考えた場合、M&Aによって売却をした方が賢明という場合もあります。特に後継者問題で悩んでいる場合や現在抱えている労務問題や資金問題といったもの、仕事の発注減少といった問題がある場合には売却をして、より専門的な知識のある企業や既に仕組みが出来上がっている企業に今後を託した方がさらに企業として大きくなったり、発展したりすることが期待できます。また、既存のスタッフの労務環境も整うことがあります。このようにM&Aというのは決してネガティブなものだけではなく、働いているスタッフにとってもより良い環境での仕事ができるメリットもあるのです。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aの進め方


建築工事業界での売却やM&Aはそれなりの件数が行われており、中堅のゼネコンや大手の企業が取り組んできた実績があります。しかし、中には失敗しているという事例もあり、慎重に行わなければ両者共倒れとなってしまうこともありますから注意が必要です。
近年では収益を維持したり、さらに増やしたりするというためには海外への展開についても考えることが必要であると言われています。しかし、経営者の多くが海外との提携となると自分たちで進めることに不安を抱えるものです。やはり外国というのは法律の内容も違いますし、価値観も違います。なおかつ言葉の壁もありますからかなり細かく確認を進めておかなければ、後から思っていたことと違うというような状況が生まれかねません。
そこで、自分たちで統合を進めるだけでなく、M&Aの仲介を専門に扱っているエージェントといったところに相談をして売却についての相談をすることが望ましいです。友好的な両者にとってきちんとメリットのある状態での業務提携や技術提携といったものがきちんと行われるように労務や人事の問題、企業の細かな規約の設定といったことまで丁寧に進めてもらうことができます。
また、たくさんの経験を活かし譲渡先の企業の選定についてもしっかりと意見をもらうことができます。多くの企業がM&Aを行うことが初めてであり、なかなか経験をすることではありません。そのため経験がある人たちからのサポートというのはとても心強いですし失敗を防ぎやすいです。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。