【コラムNo.6】ゴム・プラスチック製品製造業界でのM&Aと売却時の注意点

トップページ > コラム > 【コラムNo.6】ゴム・プラスチック製品製造業界でのM&Aと売却時の注意点

【コラムNo.6】ゴム・プラスチック製品製造業界でのM&Aと売却時の注意点

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aの必要性


長引く不況の問題もあり、会社には存続することが難しい側面が増えています。少しのトラブルであってもそれが痛手となり、倒産をしてしまうようなケースも多くなっています。企業が存続するというのは決して簡単なことではなく、長く続くためにはしっかりと情勢や動向にあった企業運営をすることが必須です。
企業として創業当時の看板を守り続けることはとても重要なことです。しかしながらそれに囚われ過ぎてしまうと企業が潰れてしまうことになりますし、事業縮小やリストラといったことに手を出さなければならなくなってしまうこともあります。そこで、状況に応じて吸収合併をするというのも一つの選択肢として考えられます。そのため、近年ではM&Aが注目されており、多くの業種で見受けられるようになっています。
どうしてもM&Aというと吸収合併という言葉からどちらかの会社が不利益を被ってしまうような印象を受けがちです。しかし、友好的にフェアな条件で吸収合併がされるということも多いものですし、資本提携や業務提携といった少し緩い形での合併が行われるというケースも多くなっています。そして、両者が互いに企業として存続するためにメリットがあるケースも多いので、決してネガティブに捉える必要はないのです。
業務を提携することや資本、技術を提携することによって、両者の仕事が増えたり新たな製品の開発もできたりしますし、顧客を増やしたりすることも可能になります。少し仕事の内容は変わったとしてもリストラされることなく仕事が続けられるようになったということも多いものですし、スタッフの労務環境が改善されたというケースもあります。皆にとって良い形に会社が変わるということもとても多いため、悪いことではないのかもしれません。


M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはゴム・プラスチック製品製造業界の現状と売却


化学産業というのは、化学工業やプラスチック製造業、ゴム製造業など様々なものがあり、私たちの生活に欠かせない産業です。化学的な処理を製造過程とするものもあれば、そこで生産されたものを混合したり加工したりという産業もあります。
また、石油製品の製造や石炭製品の製造業といったものも含まれます。プラスチック製品も石油加工製品も、石炭によって加工された金属類も私たちの生活になくてはならないものであるため、これからも産業としては無くなることなく発展していくと考えられています。
しかし、業界としては石油の価格が乱降下していることや原料の多様化、海外でリーズナブルに加工できる工場が増えていることから需要が冷え込んでいたり、思うように業績が伸ばせなかったりという問題があります。海外の工場での需要が増えたことで少しずつ回復傾向にはありますが、まだまだ油断ができない状況です。
このような背景から、新規マーケットの開拓が必要となっており、国境を越えて事業の展開をすることが求められています。そういったことから業務の進め方の難しさを感じて、事業が落ち着いているうちに売却をしたり、吸収合併をして外国企業との関係を深めたりするということを考えている企業も増えています。
これからの国内市場での売り上げが伸び悩むことを考えると、早いうちから海外に販路を作ることはとてもメリットがあります。このような観点から早めに行動をして、少しでも条件が良いところに売却を行い、社員の利益を重視したり自社に良い条件での取引を成立させたりしようと考える経営者も増えているのです。



M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとは失敗しないM&A


ゴム・プラスチック製品製造業界の場合には、M&Aを行うにあたって海外の企業とやり取りをすることも多くなっています。そのためかなり慎重に契約内容を確認しておかなければ、契約締結後に思っていた内容と違ったということや仕事上の不具合が起こってしまうということがあります。
また、近年ではM&Aに対してポジティブな意見も多く、メリットが高いというイメージが強くなっています。しかし、しっかりと内容を確認して契約を結ばなければ自社にデメリットが出てしまうということもあり、従業員にも迷惑がかかってしまうことがあります。そこで、慎重に行うことが重要ですし、細かなことまでしっかりと内容を確認して、自社に不利益が出ないように、ダメージが最低限で済むようにしっかりと配慮をすることが求められます。
特に外国企業との提携を検討する場合には、プロのM&A仲介専門会社に依頼をして書類作成や条件の確認、場合によっては提携先の企業の選定といったことにも携わってもらうことが有効です。もちろん、仕事を依頼するので業務には料金が発生します。しかし、M&Aの交渉というのはとてもデリケートなものであり、取引先や従業員といった企業に関わる全ての人にも影響することです。失敗が許されないことなので、慎重に行うためにも専門的な知識を持っている人たちの意見を聞く場を設けるのはとても重要です。
このようなM&A仲介専門会社はM&Aの経験があるため、素人では見落としがちな細かな条件についても確認をしてくれますし、有効なアドバイスをくれる存在となります。特に化学業界での提携に携わった実績のあるM&Aの仲介専門会社を選ぶことでより安心して仕事を任せられるようになります。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。