【コラムNo.8】製造業におけるM&Aの注意点

トップページ > コラム > 【コラムNo.8】製造業におけるM&Aの注意点

【コラムNo.8】製造業におけるM&Aの注意点

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aとは何なのか、そしてM&A検討をする進める際に知っておくべき情報とは



M&Aとは企業の譲渡や買収を指す言葉であり、2つ以上の会社が合併したり資金を用いて他の企業を買収したりする事がこれにあたり、テレビなどでもこの単語を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。このM&Aは何も相手側からというだけではなく、銀行借入などの負債が大きくなってしまった企業が自社を売却したりする事でも起きるものなので、どのようにして起きるのか、両社にとってどのようなメリットがあるのかなどを知っておくと、いざという時に役立ってくれます。M&Aのメリットを知らないままでは、事業の売却や買収をするという判断がしにくくなり、タイミングを逃してしまって機会損失となってしまう可能性もありますので、きちんと知っておきましょう。
この事業の売却や買収は製造業の業界でも行われており、さまざまな業界の経営者にとって無関係な事ではありません。そしてこれからこのM&Aを考えているという事業主や経営者にとって、成功するためにどのような事が重要となってくるのかという情報は必要不可欠となってくるでしょう。買収や合併はそのまま自社の利益に直結するものですし、大きなお金が動くことになるので損をしてしまわないためにも成功させるために重要なポイントは知っておかなくてはいけません。知らないままではいざ譲渡や買収をするとなった際にトラブルが起きたり失敗してしまったりで、大きな損をしてしまい自社の経営にも悪影響が出てしまう危険も少なくありません。成功させるために何が必要なのか、どういった事に注意しなくてはいけないのかを知る事が重要なのです。
経営をしていくなかで事業の売却や買収といった事態は考えておく必要がありますが、それを成功させるために必要なものはどういったものなのか、行う事でどういったメリットを得られるのかを知っておくといざという時に必要となります。



M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aを行う事でどういったメリットがあるのか




M&Aを行う事で、会社を譲渡する側と買収する側の両方にメリットがありますが、そのメリットを知らないままでは、機会損失をしてしまう場合があります。では、M&Aを行う事で譲渡する側と買収る側にどういったメリットがあるのでしょうか。
まず譲渡する企業が得られるメリットとしては、事業承継問題の解決や企業の存続・発展といったものがあります。後継者が不在であるという企業は多く、後継者不在が原因で廃業となってしまう企業も少なくありません。ですがこのシステムを利用する事で後継者が不在であったとしても別の企業に経営を任せる事ができるようになるため、培ってきた製造業などのノウハウが失われてしまったり、従業員や取引先への影響がでたりする心配ありません。そして上場企業など経営資源が豊富な企業に譲渡する事でその企業の傘下となり、販路の拡大や資金調達がしやすくなるなど企業にとってさまざまな恩恵を得る事ができ、自社の弱点を補ってさらなる発展を目指す事ができます。
そして買収する側のメリットとしては、買収・合併する企業の分野に関する顧客や販売拠点、人材、ノウハウなどについて時間をかけずに取得する事が可能となります。新規事業として立ち上げる場合に比べて、譲渡や買収をした場合は譲渡企業の販路や顧客、ノウハウなどがそのまま利用する事が可能となっているため、短時間でリスクが少ないままそれらを得る事が可能となります。培われたノウハウなどはすぐに手に入るものではありませんので、それらを短時間で得る事ができるのは大きなメリットです。

M&Aサービスを活用利用して飲食店を売却するメリットとはM&Aを成功させるために必要なポイントとは?




M&Aを成功させるためには、いくつか重要となってくるポイントがあります。大きな金額が動く事ですし、失敗しないように万全を期して動く必要があります。ですからこれから買収・合併を考えている企業は、確実に成功させるために知っておくべき情報をきちんと知っておきましょう。
成功するために重要なポイントとしては、買収ターゲットの選び方や条件交渉、アフターマネジメント(統合業務:PMI)などが挙げられます。特に買収ターゲットの選び方は重要なポイントで、せっかく買収をしてもお互いの事業で足を引っ張ることになってしまい、買収前よりも業績が下がってしまう危険があります。特に製造業などでは組み合わせの効果は顕著になりやすく、相互に自社の弱点を補完できるような買収ターゲットを選ぶようにしましょう。もちろん同じような企業形態であればよりその分野における業績を伸ばすという事も期待できますので、決して同じ企業形態同士での合併が無意味であるという訳ではありません。自社にとって良い影響のある買収ターゲットとなるかどうかに注目する事こそ、もっとも重要なポイントなのです。
そして条件交渉で重要なポイントは、あくまでどちらかが上位に立つのではなく同じ目線で交渉をするという点です。交渉で自社が上位だからと考えて無理な交渉をしてしまえば、売却交渉が失敗してしまったり、合併後にトラブルの原因となってしまうでしょう。また合併が成立した後のアフターマネジメント(統合業務:PMI)も重要で、売り手企業の社員に対するケアをしたり、買い手企業から売り手企業に社員を派遣する場合に、なるべく売り手企業に合っている社員を厳選するなど注意すべきポイントは多くあります。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。