【コラムNo.2】業種別のM&A件数で最も多いのはIT関連企業の売却

トップページ > コラム > 【コラムNo.2】業種別のM&A件数で最も多いのはIT関連企業の売却

【コラムNo.2】業種別のM&A件数で最も多いのはIT関連企業の売却


IT関連企業の売却について

現代ではシステムの発展に伴い、IT技術が各ご家庭または企業に普及し、その恩恵を受けている人はとても多くいます。例えばスマホ端末にもIT技術が用いられており、その技術を利用して手軽にチャットアプリなどを利用して友達や同僚とコミュニケーションを取ることができます。また、インターネットの技術も同様です。例えばインターネットがあることで、インターネットから情報を知るためにそれに関連するワードを検索してその情報を収集することが可能です。また、文章だけでなく現在では動画なども公開されていますから、その動画を見てプライベートな時間を楽しむことも可能です。各ご家庭では一般的にこのような用途で使用されますが、企業においては業務に関わるIT技術を導入しています。
例えば勤怠管理を行うシステムや、会計処理を行うシステムの導入です。このようなシステムもエンジニアの手で作成されており、自社ではなく専門の会社に委託をして導入してもらうケースが多いです。このシステムがあるおかげで今まで用紙をプリントしてシフト管理をしていた企業がシステムで勤怠管理を行うことができるので、用紙の費用などを節約することができたり、管理の利便性が高くなったりする可能性もあります。
このように既にIT技術は普及しており、過去にはITブームなども到来しましたが、今後も成長する分野だと考える方も多いです。例えば自動車においては徐々にIT技術を用いて自動運転の技術が取り入れられています。このように成長分野の一つであるため、今後IT分野への参入を考えているところもあります。逆に何らかの理由で会社を売却したいと考える人もいます。会社の売り買いはM&Aというワードで表現されることが多いです。M&Aとは主に会社の合併や買収を意味します。実際に日本でもM&Aのサービスを行う企業があります。当然買収をする側にも事業拡大のメリットや、一から事業を立てるよりも買収をすることで速やかに事業を始められるというメリットがありますが、売却する側にも多くの利点があります。ではどのような利点があるのでしょうか。


M&Aを利用して売却するメリットとは

会社を売却するということを聞くと赤字続きで事業継続が不可能な会社を想像する方もいますが、実際にはそのような単純なケースばかりではありません。例えば事業継続不可能になる理由の一つに挙げられるのが後継者問題です。大企業においては役員などが昇進して社長になるケースもあります。しかし、中小企業では少ない社員で運営しており、その会社を運営している社長の中には後継者がいない人もいます。もし後継者がいないとどのようなトラブルが発生するのでしょうか。
トラブルの一つとして挙げられるのが、従業員に迷惑をかける恐れがあるということです。IT分野においては倉庫を所有、大規模な工場を持っている会社は少ないですが、中小企業でも一般的に会社には数十名の社員がおり、さらにその企業の中には支社を持つところもあるので、その分多くのエンジニアを抱えているところは少なくありません。そのため、後継者がおらず事業継続が難しい時、従業員は今働いている会社を退職して就職活動を始めなければなりません。まだ、年齢の若い従業員であれば再就職ができる可能性がありますが、求人の中には年齢制限を設けている企業も少なくないですから、年配の方や定年退職まで後数年という方などは正社員での再雇用が難しい可能性もあります。
M&Aを利用して売却をすれば、事業を譲り渡した企業に事業継続を行ってもらうことができるので、従業員が路頭に迷う可能性を少なくできます。また、今までお付き合いのあるクライアントも事業継続によって迷惑をかける心配が少なくなるので、もし後継者問題で事業継続ができないという問題を抱えている方はM&Aの利用を検討してみてはいかがでしょうか。M&Aを利用して売却をすれば報酬を得られる可能性もあるので、運営者も再就職をせずに生活ができる可能性があります。


M&AでIT企業を売却するために専門家に相談する

現在では、M&Aのサービスを提供する専門会社があります。このような専門会社を利用すればIT企業の売却をスムーズに行える可能性があります。その理由はM&Aに関するプロであるからです。チーム構成としては、M&Aアドバイザー、会計士、税理士、弁護士、社労士、金融機関などとなっており、売却に関してアドバイスができる方を集めて対応してくれるところもあります。知識力がある充実したメンバーを少人数で対応してもらうことによって、柔軟性の高いサービスを提供してもらえます。また成約実績に関しても豊富なところがあります。例えばIT技術派遣の会社の成約実績があるところも存在しているので、充実したサポートを受けられるのではないでしょうか。
基本的に依頼をする時はホームページからお問い合わせをします。また、営業時間内であれば電話での対応も行ってくれるので、利用を検討してみましょう。

次の記事へ

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。