所有と経営の分離を行う際、どのような留意点があるのでしょうか?