HOME

>

事業承継・M&Aよくある質問と回答

>

オーナー企業の事業承継でよくある問題について教えてください。

事業承継・M&Aよくある質問と回答

事業承継について

Q.

オーナー企業の事業承継でよくある問題について教えてください。

A.

中小企業の事業承継においては、以下のような問題がよく見受けられます。

1)オーナー経営者の相続時における自社株式や事業用資産の分散とこれらをめぐる相続問題
相続人の間で係争などが発生すると、遺留分の減殺請求によって、株式や事業の継続に必要な資産が相続人間で分散する恐れがあります。所有と経営が一致している中小企業においては、株式や事業用資産の分散は事業の継続に大きな支障となる可能性があります。

2)オーナー経営者の交代に起因する信用不不安
オーナー経営者の死亡などによる交代の際、得意先や金融機関等の取引によって分散した株式や事業用資産を買い取ることによって、資金繰りが圧迫される恐れがあります。

3)相続発生時における過大な相続税の負担
未公開企業における自社株式は、保有する資産に多額の含み益が生じている場合や業績が好調な場合には、評価額が高くなる可能性が多く、その結果、多額の相続税の納付が必要となります。多くの中小企業においては、個人と法人の資産が一体化しているなかで、多額の相続税負担は、結果的に個人の相続税納税資金を会社が負担せざるを得なくなることから、企業の財務が強固でないと、資金繰り等の悪化で経営危機を招く要因となることもあります。

事業承継対策をしていない場合、様々な理由で事業が不安定になり、事業の継続が困難となってしまいます。問題になる前にできるだけ早く対策を講じることをお勧めいたします。
ぜひ、事業承継・M&Aに詳しいアドバイザーによる、無料個別相談会をご活用ください。