HOME

>

事業承継・M&Aよくある質問と回答

>

会社を親族に承継するにあたり、どのような課題があるのでしょうか?

事業承継・M&Aよくある質問と回答

事業承継について

Q.

会社を親族に承継するにあたり、どのような課題があるのでしょうか?

A.

会社を親族に承継する場合の課題は、主に以下のようになります。

1)後継者教育と環境の整備
経営者は様々な能力が要求されるものです。そのため、後継者を指名したときから、教育をする時間や環境を与えることが必要です。また現状の分析など、事業を承継するための環境をどのように整備していくかも、課題となります。

2)自社株式について
中小企業のオーナーの多くは、個人資産の多くを事業に投入しています。事業承継時に、土地や建物、また自社株式をどのように相続していくかが鍵となります。自社株式は基本的には、後継者に継がせることが望ましいとされています。遺産相続争いを回避するために、後継者に指名されなかった者にとっても、不満が残らないように現金を用意するなど、事前の準備が大切です。遺産相続争いが発生すると、自社株式や事業用の資産が分散してしまい、企業としての活動に支障が生じる可能性があります。

3)相続税の負担
経営が順調であり企業価値が高くなると、株式の評価額も高くなることが予想されます。また地価の上昇にともない、会社が保有する資産に含み益が発生している場合などもあります。そのような場合、相続税の負担も大きくなるため、納税資金について検討を始める必要もあります。

このような問題点を一つ一つクリアにし、適切な後継者を育成することが大切です。デリケートな事柄ではありますが、早めに事業承継について検討し、早期に着手することで事業承継の選択肢も広がります。中小企業のオーナーにとっては、自分が立ち上げた事業を親族へ承継することが自然でしょう。オーナー様もそれを望んでいるケースは多いと思われます。

事業承継対策をしていない場合、様々な理由で事業が不安定になり、事業の継続が困難となってしまいます。問題になる前にできるだけ早く対策を講じることをお勧めいたします。
ぜひ、事業承継・M&Aに詳しいアドバイザーによる、無料個別相談会をご活用ください。