HOME

>

事業承継・M&Aよくある質問と回答

>

株式譲渡と事業譲渡のメリット・デメリットについて教えてください。

事業承継・M&Aよくある質問と回答

M&Aについて

Q.

株式譲渡と事業譲渡のメリット・デメリットについて教えてください。

A.

M&Aの検討を進める際には、株式譲渡と事業譲渡のどちらのスキームを使用するのがよいのか、よく相談を受けます。
株式譲渡は、保有株式を譲渡することによって会社を売却することです。一方、事業譲渡は、会社の一事業部門などの事業を譲渡することになります。それぞれ、以下のようなメリットデメリットがあります。

【株式譲渡】
1)メリット
・株式譲渡 契約の継承などがスムーズ
・許認可の引継ぎができる
・従業員をそのまま雇用できる
・手続きが簡単
2)デメリット
・簿外のものを引き継ぐ可能性がある

【事業譲渡】
1)メリット
・事業の譲渡となるので企業の簿外のものが出る可能性が少ない 契約のまき直しが必要
2)デメリット
・従業員の再雇用が必要
・場合によって株主総会などが必要

ケースによってどちらを選ぶのが良いのかは変わりますし、税務面、取引先や従業員との契約面でも変わってきます。
どちらの方法が良いのかについては、専門家に相談のうえで検討をすることをお勧めします。