【M&A仲介のコーポレート・アドバイザーズ】HOME

>

コラム

>

【コラムNo.54】ソフトウェア業界のM&Aで譲渡をする際のポイントについて
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

【コラムNo.54】ソフトウェア業界のM&Aで譲渡をする際のポイントについて

M&Aで専門会社を利用するメリット

これからM&Aでソフトウェア関連の事業を譲渡したいならば、専門会社を利用すると良いでしょう。M&Aの仲介をしてくれる専門会社がたくさんあるのです。こちらのサービスを利用することによるメリットはたくさんあります。専門会社では多くのオーナー経営者の方のためにさまざまなニーズにあったサービスや提案をしています。M&Aというのは最良のタイミングで最良の相手と納得できる条件で成約できることが肝心です。これを実現するために専門会社はその経験やノウハウを活かして、とても頼りになるアドバイザーとしてサポートしてくれるのです。

たとえば、譲渡するにしてもどのくらいの価格にするのか決めなければいけません。自分達の会社や事業について深く理解してもらい、それを引き継いでもらうために納得できる価格で譲渡したいという経営者は多いです。あまりにも安い価格ではさすがに躊躇してしまうでしょう。しかし、高すぎてしまっても買い手が現れなくて困ってしまいます。そこで専門会社が適切な価格を見定めてくれるのです。そのために企業価値シミュレーションというものを実施してくれる専門会社もあります。また、相手先を検討する際にも助けてくれるでしょう。

会社や経営者同士の相性を重視して、相乗効果を期待できる相手を見つけるためのサポートをしてくれます。そのような相手が見つかれば、成約したあとにそれぞれの企業に利益が生じるのです。専門会社はあらゆるシーンに対応してくれます。そのために税務や会計、法務などのスペシャリストをそれぞれ揃えているのです。チームを編成して、どのような難しい状況にもしっかりと対応してくれるのです。このような専門会社を利用することでM&Aを成功に導いてもらえるでしょう。

M&Aで譲渡を成立させるためのポイント

これからM&Aによってソフトウェア業界で譲渡を成功させたいならば、どのような点に気をつければ良いのか、そのポイントを紹介します。まずはマッチングをしなければいけません。これはパートナー探しのことです。その際にはアドバイザーとしてしっかりとサポートしてくれる専門会社を利用することが大切です。信頼できる会社であり、広範なネットワークを有している専門会社であれば、マッチングを成功させてくれるでしょう。

また、これから売却をしたいならば、それを実行に移す前に事前検討をしておくことが大切です。自社は現在どのような環境に置かれているのか、どのような経営資源があるのかを見つめ直し、今後どのような戦略を採用するべきかを考えます。それを踏まえた上で事業の売却について考えることが大事です。その際には利用する専門会社に高い専門性を期待できるかどうかも大切です。さまざまな分野の専門家を揃えている専門会社ならば、必要な時に必要な分野の専門家によるアドバイスをしてもらうことができます。これによって、スピーディーに成約までこぎつけられるでしょう。

また、専門会社を利用する際には都合の悪い事実についてもきちんと伝えておくべきです。そういった情報を共有しておくことによって、M&Aのパートナーの候補に対して必要な情報提供がきちんと行えます。あとで不都合な事実が露見してしまうようなことがあれば、心証が悪くなってしまい、破談になってしまう可能性があるのです。専門会社を利用する場合には費用がかかってしまいます。その点についてもきちんと準備をしておきましょう。以上のことを意識しておけば、成約にいたる可能性を高められるでしょう。

譲渡をするメリットとは

ソフトウェア業界では事業譲渡が頻繁に行われています。それでは、そもそもM&Aにおける譲渡にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、その企業の事業の一部のみを譲渡するということが可能となります。M&Aといえば会社ごと買収されてしまうようなイメージがあるのですが、実際にはもっと小さな規模で行われることもあります。事業を売却するのは比較的簡単に行えるのです。それによってお金を得ることができます。その会社にとって必要がなくなって、なおかつ価値のある事業があるならば、それを売却するという選択ができるのです。また、この方法では債権者に対して公告や通知をする必要がないというメリットもあります。手元に残しておきたいものはそのまま維持することができるでしょう。従業員や資産、契約などの一部はそのまま現企業に残しておくことができるのです。

ただし、デメリットも存在しています。まず、売却したことによって得た利益には税が課されることになります。また、株主総会を開いて特別決議をしなければいけません。また、負債についてどのような取り扱いにするのかを検討しなければいけません。

それでは会社譲渡をする場合のメリットについても説明します。この場合は後継者問題を解決することができます。後継者不在で悩まされている企業がたくさんあるのです。会社ごと買収してもらうことによって、その企業はそのまま残るでしょう。企業が存続して、そこから再発展する可能性もあるのです。

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。