HOME

>

M&A業界動向

>

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

昭和電工<4004>、APCI台湾高純度塩素事業を買収

掲載日:2014年08月07日

昭和電工<4004>(社長:市川 秀夫)は、特殊材料ガス事業の強化を図るため、台湾において高純度塩素事業の買収を決定した。昭和電光の子会社である台湾昭和化学品製造股份有限公司が、米国・エアープロダクツアンドケミカルズ社(APCI)の子会社 三福氣體股份有限公司(台湾・高雄市。以下、APSF)が台湾・高雄市に保有する製造設備を含む高純度塩素事業を、2014年8月末を目途に譲り受けることで、APSFと基本合意した。
現在川崎事業所にて、半導体・液晶製造プロセスでのエッチング用ガスとして使用される特殊ガスである高純度塩素を年産1000tの設備を有しているが、台湾に高純度塩素の製造設備を持つことで、今後さらなる市場の拡大が予想される、中国・台湾をはじめとする東アジア地域において、安定した供給体制を図る。
(医薬品・化学製品製造のM&Aニュース)

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。