HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

ソフトバンク、米映画会社レジェンダリー・エンターテイメントに出資へ

掲載日:2014年10月09日

ソフトバンク(所在地:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義)と米国レジェンダリー・エンターテインメント(所在地:米国カリフォルニア州バーバンク、Chairman and CEO:トーマス・タル、以下「レジェンダリー」)は、ソフトバンクがレジェンダリーに対し、2億5,000万米ドル(約270億円※)の出資を行うことについて正式合意した。また、両社は特に成長著しい中国およびインド市場において、さまざまなモバイルプラットフォームを利用し、レジェンダリーの持つテレビ番組、デジタルコンテンツ、ライセンス、関連商品やその他の付随する知的財産の市場拡大を目指し、合弁会社を設立する予定。
レジェンダリー・エンターテインメントは、映画(レジェンダリー・ピクチャーズ)、テレビ&デジタル(レジェンダリー・テレビジョン アンド デジタルメディア)、コミック(レジェンダリー・コミックス)の分野から成り立ち、熱狂的ファンに向けたコンテンツ保有・制作・配信を行うメディア業界のリーディングカンパニー。レジェンダリーは、これまでに子会社や合弁会社を通じて、さまざまな著名作品のコレクションを取り揃えており、常に高品質で、世界的に有名な知的財産を含む商用エンターテインメントを提供する、信頼されたブランドとしての地位を確立しており、レジェンダリー・ピクチャーズ関連制作の世界累計興行総収入は90億米ドルとなっています。
なお、ソフトバンクによる出資は諸条件を満たした上で2014年10月に完了する予定。このたびの出資にともない、ニケシュ・アローラはレジェンダリーの取締役に任命される見込み。また、ソフトバンクの財務アドバイザーはThe Raine Group LLC、法律顧問はMorrison & Foerster LLPです。Martin Willhite, COO & General Counselはレジェンダリーを代表し、O’Melveny & Myers LLPはレジェンダリーの外部法律顧問。

(IT・情報通信のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。