HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

メガチップス<6875>、米のSiTime社を買収へ

掲載日:2014年11月04日

メガチップス(代表者名:代表取締役社長 髙田 明、コード番号:6875 東証第一部)は、新たなグローバル事業の育成と海外顧客ビジネスの拡大に取り組むため、SiTime Corporation(本社:米国カリフォルニア州、以下「SiTime社」)の全株式を取得し、完全子会社とした。SiTime社は、既存の水晶発振子を置換えるMEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)発振子及びMEMS発振器などのタイミングデバイスを開発・販売しており、全株式を取得しメガチップス社の完全子会社とすることで、タイミングデバイス事業へ参入する。2014年11月末日までにクロージングの予定。

今現在、通信機器や消費者向け機器、産業用機器に使われるタイミングデバイスは、既存の水晶発振子を用いたものが主流ですが、MEMS発振子を用いたものは既存品に比べ、サイズと消費電流が際立って小さく、また、SiTime社の独自技術で、これまで水晶に比べ劣るとされた温度変化に対する発振周波数の安定性が、水晶と同等もしくはより改善されたことにより、ウェアラブル機器やスマートフォン・タブレットに代表されるモバイル機器に最適なデバイス。このMEMS発振子と独自の電子回路の組合せにより、水晶発振子による既存品を凌駕する精度、安定性、サイズ、消費電力、耐衝撃性、コストを実現し、さらに、メガチップスグループがすでに持つ技術・製品とのシナジーにより、当社が目指すIoT分野での事業展開を加速していく。
メガチップスは、これまでにもグローバル事業を拡大することを目的として、2013年4月1日に連結子会社であった川崎マイクロエレクトロニクス株式会社を吸収合併した後、アメリカ、中国、台湾、インドの海外拠点の体制強化を積極的に行い、海外ビジネス基盤を確立するとともに、これまでの主要な事業であるASIC製品に加え、グローバル事業に適したASSP製品の開発に注力してきた。
また、2014年2月には、「STMicroelectronics」からDisplayPort関連製品事業の買収により、映像機器インターフェイス分野での米国大手IT企業向けビジネスを獲得し、2014年4月には、米国「Vidatronic, Inc.」への出資による電源IC分野への参入に加え、台湾「Modiotek Co., Ltd.」の出資により、中国・台湾顧客への技術サポート、マーケティング、開発体制の強化を図るなど、グローバル事業の拡大を図った。今後大きな成長が期待されるモバイル、ウェアラブルを含むIoT分野に向けた事業展開を目指し、M&Aや自社の研究開発投資を積極的に進め、同分野向けASSP製品の充実を図る。
【取得する子会社(SiTime 社)の概要】
(1) 名称 SiTime Corporation
(2) 所在地 990 Almanor Avenue Sunnyvale, California 94085 U.S.A
(3) 代表者の役職・氏名 CEO Rajesh Vashist
(4) 事業内容 MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)をベースとしたタイミングデバイスの開発及び販売
(5) 資本金 144 千米ドル(約 15 百万円)
(6) 設立 2003 年 12 月
(7) 大株主及び持株比率 Open Joint Stock Company RUSNANO 18%
(2014 年 6 月 30 日現在) The Bosch Group 13%
New Enterprise Associates (NEA)
【買収について】
(1) 買収契約(Agreement and Plan of Merger)の当事者
当社、買収目的特定子会社、SiTime社と株主代表者
(2) 買収契約等
買収額は2億ドルですべて現金とし、当社より支払代理人である「MUFG Union Bank, N.A.」(米国カリフォルニア州)を通じて、SiTime社の各株主に支払う。当社が設立した買収目的特定子会社(米国デラウェア州)とSiTime社が合併し、SiTime社が存続会社となる。これにより、当社は合併後のSiTime社の全部の株式を取得し、当社の完全子会社となる。買収資金は、クロージング後に支払いますが、当社の手元資金と銀行借入により全額確保している。また、この買収に際し、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社にデューデリジェンス及び価値算定業務等を依頼し、SiTime社の財務内容及び買収価格を検討した。

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。