HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

アマダ <6113 >、持株会社体制に移行

掲載日:2014年11月14日

アマダは、平成27年4月1日付(予定)で持株会社制へ移行することを決定し、それに伴う吸収分割契約等のグループ再編について決議した。なお、平成26年12月19日開催予定の当社臨時株主総会での承認が得られることを前提としている。
このグループ再編により、商号を「株式会社アマダ」から「株式会社アマダホールディングス」に変更し、事業を営む事業子会社等の株式を保有し持株会社となる。引き続き上場を維持する。また、持株会社制への移行にあわせて、板金事業、プレス事業及び切削ブレード開発・製造事業を分離する。板金事業はさらに板金販売・サービス事業、板金開発・製造事業に機能分離し、各々持株会社傘下となる事業会社で行う。
さらに、持株会社制導入に当たり、平成26年10月22日付で当社の 100%子会社である株式会社アマダ分割準備会社及び株式会社アマダエンジニアリング分割準備会社を設立し、この 2 社と既存の当社 100%子会社である株式会社アマダマシンツールの計3社に対し、平成27年4月1日を効力発生日として、当社の事業を承継させる吸収分割を行うことに合意し、平成26年11月13日付で各社と吸収分割契約を締結した。
なお、平成27年4月1日付をもって、吸収分割により板金販売・サービス事業を承継する分割準備会社が新たに「株式会社アマダ」に商号を変更する予定であり、板金機械の開発・製造を担う「株式会社アマダエンジニアリング」と共にグループの中核をなす事業会社となる予定。
また、サービス体制の強化を目的にサービス機能を当社からアマダ汎用機械株式会社に移管し、平成27年4月1日付で「株式会社アマダテクニカルサービス(仮称)」として事業を展開する。また、総務・人事等のグループ内の共通業務を集約し、シェアードサービスを専門特化して行う「株式会社アマダビジネスサポート」を立ち上げ、コスト削減や効率性の向上を図る。
【分割の日程】
臨時株主総会に係る基準日公告 平成 26 年 9 月 13 日
臨時株主総会に係る基準日 平成 26 年 9 月 30 日
吸収分割契約承認取締役会決議 平成 26 年 11 月 13 日
吸収分割契約承認臨時株主総会決議 平成 26 年 12 月 19 日(予定)
本件分割の効力発生日及び分割登記 平成 27 年4月1日(予定)

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。