HOME

>

M&A業界動向

>

住宅・不動産・ビルメンテ業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

住宅・不動産・ビルメンテ業界のM&Aニュース

タカラレーベン<8897>、住宅情報館を買収へ

掲載日:2014年11月26日

タカラレーベン(代表者名:代表取締役社長 島田 和一、コード番号 8897 東証第一部)は、平成27年1月5日付で、住宅情報館(代表取締役社長 二宮 秀生:本社愛媛県)の発行済株式総数の 100.0%を取得し、連結子会社化することを決議した。取得株式数は、1,960 株(所有割合 100.0%)。
住宅情報館は、愛媛県松山市を中心に不動産開発、管理、流通事業を行っており、愛媛県松山市を中心に広く情報ネットワークを持つ同社株式を取得することで、西日本進出の足掛かりとする。また、不動産管理事業においても約 2,200 戸の管理を受注していることから、ストックビジネスの拡充も図る。
【 異動する子会社の概要】
(1) 商号 : 株式会社住宅情報館
(2) 代表者 : 二宮 秀生
(3) 所在地 : 愛媛県松山市大街道三丁目2番地 34
(4) 設立年月日 : 平成元年8月 29 日
(5) 事業の内容 : マンションの経営不動産の売買、賃貸、仲介及び管理業務 他
(6) 決算期 : 12 月
(7) 資本金の額 : 98,000,000 円
(8) 発行済株式総数 : 1,960 株
(住宅・不動産・ビルメンテのM&Aニュース)

住宅・不動産・ビルメンテ業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。