HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

ソフトバンク、シンガポールのタクシー配車アプリ提供会社グラブタクシーの筆頭株主へ

掲載日:2014年12月04日

SoftBank Internet and Media, Inc.(CEO:ニケシュ・アローラ、以下「SIMI」)とGrabTaxi Holdings Pte Ltd(所在地:シンガポール、CEO:アンソニー・タン、以下「グラブタクシー」)は、戦略的投資とパートナーシップを通じて、東南アジアにおいてソフトバンクグループのプレゼンスをさらに高めるとともに、グループ内インターネット企業群との連携によるシナジーの最大化を目指し、ソフトバンクがグラブタクシーへ2億5,000万米ドル(約298億円※)を出資し、同社の筆頭株主となることに合意した。
2012年の創業以来、グラブタクシーは東南アジアにおいて最大のタクシー配車アプリ提供者へと急激に成長してきた。安全で信頼できる乗車体験を利用者に提供すること、タクシー運転手の生活をより良くすることという、タクシー業界における課題を解決することを目的に成長したグラブタクシーは、現在マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6カ国内17都市においてサービスを提供している。
GPS機能を利用し一番近くにいるタクシーを簡単に配車することができるサービスとして、2011年のハーバード・ビジネススクールのビジネスプランコンテストで準優勝。2012年の創業以来、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシアにおいて、数万人のタクシー運転手がグラブタクシーを利用し、配車予約を受け付けている。グラブタクシーのアプリケーションは、現在250万件ダウンロードされており、月間ユーザー数は50万人、東南アジアにおいて本業界の先駆者となった。利用者は、グラブタクシーのアプリケーションをスマートフォンやタブレットにダウンロードし、タクシーの配車予約をすることができる。
今回の戦略的投資とパートナーシップを通じて、SIMIは東南アジアにおいてソフトバンクグループのプレゼンスをさらに高めるとともに、グループ内インターネット企業群との連携によるシナジーの最大化を目指す。

(IT・情報通信のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。