HOME

>

M&A業界動向

>

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

コカ・コーライーストジャパン、仙台コカ・コーラボトリングを完全子会社化へ

掲載日:2014年12月17日

コカ・コーライーストジャパン(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長CEO:カリン・ドラガン、以下、CCEJ)は、コカ・コーラボトラーとしての地位をさらに強固にしていくため、仙台コカ・コーラボトリング(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:鈴木 恭、以下、SCCB)との事業統合の計画を12月16日発表した。
両社を合計した売上高は約5,920億円、コカ・コーラ製品の年間販売数量は約3億ケースと日本のコカ・コーラシステム全体の約50%に達する。事業統合により、CCEJは日本最大のコカ・コーラボトラーとしての地位をさらに強固にするとともに、引き続き日本のコカ・コーラボトリングビジネスの変革をリードしていく。
CCEJは、新たな仲間となるSCCBとともに、ワールドクラスの日本のコカ・コーラボトラーを目指す中期戦略、「成長に向けたOne+ロードマップ」(http://www.ccej.co.jp/one_story/)を強力に推進予定。なお、両社は2015年1月に事業統合準備を開始し、2015年4月1日の事業統合を予定している。

統合後の具体的内容
・ワールドクラスのコカ・コーラボトラーを目指す中期戦略、「成長に向けたOne+ロードマップ」による
 変革のスピードを加速
・CCEJの関東・東海地域の4コカ・コーラボトラー社の統合で確立されたモデルを活用
・SCCBはCCEJの事業地域に隣接した福島、宮城、山形3県で、長年にわたり事業を展開。
・両社の事業統合後、事業地域は1都15県、人口約6,600万人をカバー
・簡易株式交換による事業統合でSCCBはCCEJの100%子会社に
・CCEJは新株5,781,166株を発行
・SCCB株式1株に対し、CCEJ株式2.563株を割当交付
・株式交換(事業統合)効力発生予定日:2015年4月1日

(食品卸・小売のM&Aニュース)

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。