HOME

>

M&A業界動向

>

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

地域新聞社<2164>、東京新聞ショッパーを買収へ

掲載日:2014年12月22日

地域新聞社は、グループの更なる企業価値向上が図れるものと判断し、東京新聞ショッパー社の株式を取得、子会社化することについて決議した。
東京新聞ショッパー社は、昭和48年設立以来、フリーペーパー「東京新聞ショッパー」の発行を軸に事業を展開してきた。現在、地域新聞社の展開していない首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県)のエリアにおいて、6版82万部のフリーペーパーを発行しており、展開エリアで高い知名度を持っている。
一方で、地域新聞社は、当社は昭和59年創業以来、地域新聞社の強みである発行エリアの細分化による地域密着の紙面づくり、広告主様の商圏に合った広告の掲載を徹底し、30年以上に渡り手配り式フリーペーパー「ちいき新聞」を発行してきた。現在、千葉県で45版(エリア)、埼玉県で10版(エリア)のフリーペーパーを発行しており、週刊発行部数は204万部。近年では、「人の役に立つ」という経営理念の下、地域社会の更なる活性化のため、フリーペーパーだけでなく、Web 媒体の地域情報コミュニティサイト「チイコミ」との連携を強化し、付加価値の高い広告を提供することにより、顧客満足度を高めてきた。
このように地域新聞社は、フリーペーパー「ちいき新聞」を軸として、地域に密着した情報を提供する総合企業となることを目指し、戦略的な投資を推進してきた。しかしながら、インターネット広告等の他の広告媒体との競争が激しくなる市場環境において、これまで以上に迅速に対応し、当社の事業を拡大し成長させていくためには、他社との提携・再編による競争力強化が不可欠であると従前より認識してきた。その中で、M&Aを一つの手段として、地域新聞社の以下の戦略を強く推進していきたいと考えてきた。
①フリーペーパーの発行エリア・発行部数の迅速な拡大
②経営資源の共有・活用による編集機能や営業力の強化
③規模拡大によるコストの適正化
こうした背景から、地域新聞社と東京新聞ショッパー社双方が有する顧客基盤、編集・営業ノウハウを融合させ、経営資源の共有、活用を積極的に推進することで、地域新聞社グループの更なる企業価値向上が図れるものと判断し、今回子会社化することとした。

(出版・印刷・広告・教育のM&Aニュース)

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。