>

>

中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A業界動向・ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

日本軽金属、東陽理化学研究所を子会社化へ

掲載日:2015年01月22日

日本軽金属(東京都品川区、社長:岡本 一郎、以下日軽金)は、さらなる強固なパートナーシップを構築するため、東陽理化学研究所(新潟県燕市、社長:島倉 武、以下東陽理化)の発行済株式の28%を追加取得し子会社化(合計出資比率51.6%)するため、主要な株主との間で株式譲渡契約を締結し、実行した。
日軽金は、「アルミにこだわり、アルミを超えていく。」をコーポレートスローガンとして、創業以来、アルミニウムの原料から加工製品に至るまで、幅広い製品を扱ってきたアルミ総合メーカー。一方、東陽理化は、非鉄金属加工において世界トップレベルの優れた表面加飾技術とハイレベルな品質管理を有し、金型設計からプレス、溶接、組立、表面処理、完成品までを一貫生産ラインによって製造する金属加工の総合メーカーである。
東陽理化とは、2011年9月から業務提携を開始し、2013年11月には東陽理化の発行済株式の23.6%を取得することで持分法適用会社化し、業務・資本の両面で着実に提携関係を構築してきた。
今般、東陽理化を子会社化することで、日軽金グループの国内外における事業ネットワークおよび経営資源と東陽理化の日本および中国における経営資源を積極的に活用することで、シナジーを発揮させ、また、相互の経営資源を融合させるなどの戦略的取り組みを推進することを通じて、さらなる強固なパートナーシップを構築していく。
ますます多様化・専門化するお客様の持つニーズに対しては、日軽金グループが得意とする素材技術・ノウハウと東陽理化の保有する非鉄金属加工技術を基盤とし、素材から加工までを一気通貫で捉えた、これまでにない新たな視点で顧客価値を創造し、お客様ニーズを満たす“ソリューション”提供を目指す。

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

まずは譲渡先の案件をご覧いただき、貴社の買収ニーズに合致する譲渡案件が出てまいりましたら、
企業名が特定されない範囲での匿名情報(ノンネームシート)にて案件をご紹介いたします。
No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
19844 出版・印刷・広告・教育 6億円 関東
40790 飲食・ホテル・旅館 4億円 関東
78720 その他卸・小売 10億円 関東
54145 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 1億5000万円 関東
71134 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 5億円 九州(沖縄を含む)

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

M&Aのセミナーにご興味のある方

セミナー参加を
ご希望の方

M&Aに関する無料相談をご希望の方

無料相談を
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。