HOME

>

M&A業界動向

>

建設・土木・工事業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

建設・土木・工事業界のM&Aニュース

住友林業<1911>、三井住友建設<1821>と業務提携

掲載日:2015年01月26日

住友林業(社長:市川 晃、本社:東京都千代田区)と三井住友建設(社長:則久 芳行、本社:東京都中央区)は、国が推進する木材の利用拡大と普及において必要不可欠な中大規模木造建築市場の創出と拡大、また両社の新たなビジネス機会の創出を目指し、共同取組に関する業務提携契約を締結した。
日本における中大規模木造建築市場の創出には、木材調達や材料生産の効率化をはじめ、木材の耐火や強度などの性能向上や、木材と鉄骨、木材と鉄筋コンクリートといった異素材を融合する建築・施工技術など、様々な課題への対応が不可欠。
そこで、住友林業が有する木質材料に関する知見・調達力と木造建築物に関するノウハウ、ならびに、三井住友建設が総合建設会社として有する設計・施工能力を相互に活用することで、中大規模木造建築物に関する、新たな技術やサービスの開発に取り組むこととした。
両社は迅速な市場創出にあたり、日本で現在一般的に利用されている建築技術を最大限に活用することが重要であると考え、まずは木造軸組み工法などの木造技術と、鉄骨・鉄筋コンクリートの技術を融合したハイブリッド型の建築物の建設を提案。また、中大規模木造建築物の普及に不可欠な、プロモーション活動や営業活動を行う両社共同のチームも設置する。

(建設・土木・工事のM&Aニュース)

建設・土木・工事業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。