HOME

>

M&A業界動向

>

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

インテージ、ニールセンと合弁会社を設立

掲載日:2015年01月26日

日本の市場調査業界のリーディングカンパニーであるインテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)と、マーケティングインフォメーションとインサイト提供の分野におけるグローバルリーダー、ニールセンの日本オフィスであるニールセン・カンパニー(本社:東京都港区、社長:福徳俊弘、以下:ニールセン)は、日本のクロスプラットフォーム領域における新たな広告効果測定ソリューション開発を目指し、両社合弁で株式会社インテージ・ニールセンデジタルメトリクスを設立することに合意した。
今回の合意により、両社はデータ資産やノウハウを持ち寄り、日本のクロスプラットフォーム領域における広告キャンペーン効果についての知見を提供することが可能となり、これにより、クライアントは広告活動を修正し、最適化することが可能。
広告や広告代理店業界では、クロスプラットフォームでの広告効果に対する知見への関心が高まっている。インテージではこうした市場環境変化に対応するため、i-SSP(インテージ・シングルソースパネル)を構築して顧客企業が広告投資の決定ができるよう、信頼の高いメトリクス(測定基準)を提供してきた。
ニールセンは消費者の購買行動と視聴行動(「ウォッチ・アンド・バイ(Watch & Buy)」)を把握するために、包括的な消費者インサイトソリューションを提供しております。ニールセンは、変化の途上にある日本の消費者のメディア視聴行動と購買行動をさらに明確にするため、世界レベルのソリューション開発ができるよう、先進技術やノウハウを導入する。
インテージ・ニールセンデジタルメトリクスは、第一弾サービスとして、すでにアメリカなど海外市場で定評のある、世界水準の広告効果測定ソリューションであるニールセン オンラインキャンペーンレイティングス(Online Campaign Ratings:オンライン広告視聴率、以下:OCR)を活用。そして、OCRの日本市場導入に合わせ、OCRとインテージが保有するi-SSPデータを統合することでオンライン広告のリーチを性・年齢属性といった基本的な切り口だけでなく商品ブランド所有状況や商品購買意向、ライフスタイル、地域属性などの豊富な切り口で分析する新サービスや、オンライン広告の購買行動に対するインパクトやブランドスイッチ動向を分析するサービスなどを提供する。

(出版・印刷・広告・教育のM&Aニュース)

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。