HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

富士通、日本郵船子会社でシステム開発のJK Solutionsを買収へ

掲載日:2015年01月30日

日本郵船(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤泰三)と富士通(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本正已)は、情報システム業務において提携し、日本郵船の100%子会社で情報システムの開発・運用・保守業務を担うYJK Solutions(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田敏明、以下、YJK)の株式の51%を富士通が取得する方向で検討を開始することについて、このたび合意した。
今後、日本郵船と富士通は、業務提携およびYJKの共同運営に関する具体的な検討を行い、提携の最終合意に至った場合には、2015年3月末日までに正式契約を締結し、YJKは2015年4月1日より共同運営会社として業務を開始する予定。
日本郵船は、今回の提携により富士通が持つICT(Information and Communication Technology)における総合力を活かし、QCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)をさらに向上させた高付加価値なICTサービスを、YJKを通じて調達することを目的としている。
富士通は、日本郵船グループの情報システム子会社としてYJKが培ってきた海運・物流・港湾運送における豊富な経験とノウハウを活用し、海運・国際物流業界向けICTサービスを強化し、積極的なビジネス拡大を目指す。
今回の提携により、YJKは、これまで培ってきた海運・物流・港湾運送における業務ノウハウを備えた人財と、富士通が持つICTの最新技術、豊富な実績を融合させ、高い技術力とマネジメント力を備えたICTサービス企業を目指します。これにより、日本郵船グループに対してこれまで以上にQCDに優れたICTサービスを提供するとともに、外販事業における競争力をより一層高めていく。

(IT・情報通信のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。