HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

電通<4324>、豪州のデジタル・クリエーティブ・エージェンシー「ソープ社」を子会社化

掲載日:2015年02月18日

電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は本日付で、オーストラリアにおいてデジタル・クリエーティブ領域をリードするエージェンシー「Soap Creative Pty Ltd」(以下「ソープ社」、本社:シドニー市)の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、同社株主と合意した。

2002年に設立されたソープ社は、ソーシャルメディアやモバイルを含むデジタルマーケティングの戦略立案、デジタルの広告クリエーティブやウェブコンテンツの制作など、媒体作業以外のフルサービスをワンストップで提供するエージェンシー。同社のクリエーティビティーは高く評価されており、2013年に、アジア太平洋地域のモバイル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー(Smarties Asia Pacific賞)と、オーストラリアの広告業界誌『B&T』が選ぶ「インタラクティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた他、同国業界誌『AdNews』が選ぶ「デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」に3年連続で選ばれるなどの実績を残している。また、ソープ社はその傘下に、顧客のキャンペーンを成功に導くモバイルゲームの開発などを行う100%子会社「Soap Mobile Games Studio Pty Ltd」(本社:シドニー市、2013年設立)を有する。
買収完了後、ソープ社は、電通グループのグローバルネットワーク・ブランドのひとつであるデジタルエージェンシー「Isobar」(アイソバー)の傘下に入り、社名ブランドを「Soap-Linked by Isobar」(ソープ・リンクト・バイ・アイソバー)に変更し、オーストラリアに展開するグループ各社との連携を図りながら、統合的かつイノベーティブなソリューション提供をめざす。

(IT・情報通信のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。