HOME

>

M&A業界動向

>

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

テルモ<4543>とオリンパス<7733>、米国でのカテーテル製品の業務提携

掲載日:2015年04月08日

テルモ(本社:東京都渋谷区、社長 新宅祐太郎)とオリンパス(本社:東京都新宿区 社長 笹宏行)は、米国における医療用カテーテル製品の業務提携を拡大することで基本合意した。既に提携の核心領域となっている消化器分野での品種拡充に向けた機会の開拓に加え、米国の泌尿器分野では両社間で初となる販売提携を開始します。医療機器の世界最大市場である米国での成長を、両社の強みを活かすことで実現していくことが今回の提携拡大の狙い。
オリンパスは米国ほか世界で高い内視鏡のシェアを有し、オリンパスとテルモは2009年から胆管の内視鏡手術の際に処置具を導くガイドワイヤーを共同開発・販売を行うなど協業関係にある。今回の提携は、両社の強みを活かすことで、医療機器で世界最大の市場となっている米国で事業の拡大につなげる狙いだ。

両社は、提携の核心領域となっている消化器分野での品種拡充に向けた機会の開拓に加え、米国の泌尿器分野では両社間で初となる販売提携を開始するとしており、テルモの製造するガイドワイヤーをテルモの米国子会社を通じて、オリンパスの米国子会社へ供給。オリンパスの米国子会社が泌尿器分野および内視鏡分野で、2015年5月からテルモ製品を米国で順次販売する予定。

なお、米国での心臓・末梢血管、脳血管分野のカテーテル製品はテルモがこれまで通り単独で販売するとしている。

(医薬品・化学製品製造のM&Aニュース)

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。