HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

アスラポート・ダイニング<3069 >、茨城乳業の株式を一部取得し業務提携へ

掲載日:2015年04月16日

アスラポート・ダイニングは、外食チェーンや外部へ向けの取引拡大を目指し、中沢フーズが保有する茨城乳業の株式の一部を譲り受けること決議し、併せて中沢フーズと業務提携に関する契約を締結した。
アスラポート・ダイニングは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で429店舗を展開しているが、平成25年度より新たに「食のバリューチェーンを構築する」という目標を掲げて外食から生産事業への進出を果たし、多層的な付加価値を生み出すビジネスモデルの構築に取り組んでいる。また、自社ブランド商品の開発・販売を強化するため「食品生産事業と六次産業化」にも取り組んでおり、食品生産事業を強化してきた。
アスラポート・ダイニングでは、上記「食のバリューチェーン構築」、「食品生産事業と六次産業化」といった目標・課題に取り組む中で、中沢フーズの100%子会社である茨城乳業の株式の一部を、アスラポート・ダイニングが譲り受けて運営していくことを決定した。茨城乳業は、茨城県内で生乳処理とプリン、ヨーグルトなどのデザートや牛乳類を製造・販売しており、アスラポート・ダイニングが展開する外食チェーンや外部へ向けての取引拡大を見込んでいる。
また、茨城乳業をアスラポート・ダイニングと中沢フーズとで共同経営し、双方の持つ商品開発力・物流網等を活用することで茨城乳業、アスラポート・ダイニング、中沢フーズの利益拡大を目指す。

(食品製造のM&Aニュース)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。