HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

新日鐵住金<5401>、日鉄住金テックスエンジ<1819>を子会社化

掲載日:2015年04月30日

新日鐵住金(本社:東京都千代田区/代表:進藤 孝生)は日鉄住金テックスエンジ(本社:東京都千代田区/代表:升光 法行)を株式交換により完全子会社とすることを発表した。株式交換は、平成27年8月1日(予定)。日鉄住金テックスエンジは、平成27年7月29日で上場廃止を予定。株式交換は、日鉄住金テックスエンジの普通株式1株に対して、新日鐵住金の普通株式 2.10 株を割当て交付。

新日鐵住金は、平成24年10月に新日本製鐵株式会社と住友金属工業株式会社の経営統合により誕生し、「技術力」「コスト競争力」「グローバル対応力」の進化を追求している。

一方、日鉄住金テックスエンジは、新日鐵住金グループ事業体制の体質強化策の一環として、新日鐵住金の完全子会社8社との経営統合を経て、平成25年10月に現体制となった。主として製鉄設備の設計・施工・メンテナンスを業としている。

今回の子会社化により、新日鐵住金グループの経営資源の集約・効率化、事業戦略の一層の共有化、グループ経営の機動性の向上等を目指すとしている。

<親会社となる企業の概要>

商  号:新日鐵住金株式会社

本  社:東京都千代田区

代  表:代表取締役社長 進藤 孝生

事業内容:製鉄、エンジニアリング、化学、新素材、システムソリューションの各事業

資 本 金:419,524百万円

設立年月:昭和25年4月1日

<子会社となる企業の概要>

商  号:日鉄住金テックスエンジ

本  社:東京都千代田区

代  表:代表取締役社長 升光 法行

事業内容:機械・電気計装・システム・土木・建築に関する企画・設計・製作・施工並びに各種設備のメンテナンス、鉄鋼生産設備等の操業、活性炭・パーティクルボードの製造販売等

資 本 金:5,468百万円

設立年月:昭和21年10月26日

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。