HOME

>

M&A業界動向

>

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

三井物産<8031>・きちり<3082>、イタリア食材事業に参入

掲載日:2015年06月16日

 三井物産(本社:東京都千代田区/代表:安永 竜夫)と、きちり(本社:東京都渋谷区/社長:平川 昌紀)は、イタリアの小売・外食事業大手であるEATALY社(本社:伊トリノ市/代表:ルカ・バッフィーゴ・フィランジエリ)と共同でイータリー・アジア・パシフィック(本社:東京都渋谷区/代表:甕 浩人)を設立し、日本及びアジア太平洋地域でのイタリア食材の小売、外食、輸入卸売事業に参入することを発表した。

 三井物産は、グローバルな商品調達力と三井食品を核とする国内流通ネットワークを備えており、日本及びアジア太平洋地域におけるイタリア食材の小売・外食・卸売り事業への本格参入の最初のステップとする狙い。

 きちりは、77店舗のレストランをすべて直営店で展開していることに加え、17年間の歳月をかけ培ってきた飲食事業のノウハウを同業他社へ提供するプラットフォームシェアリング事業を展開している。

 EATALY社は日本では2008年に日本子会社を設立し複数の直営店舗を展開していたが、今般この直営店経営を取りやめ、フランチャイズ方式による事業展開に方針変更する。新会社のイータリー・アジア・パシフィックをフランチャイジーとするフランチャイズ契約を締結した。

(食品卸・小売(スーパー)のM&Aニュース)

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。