HOME

>

M&A業界動向

>

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

Oakキャピタル<3113>、ピクセラ<6731>の再生支援ファイナンス引受け

掲載日:2015年07月21日

 Oakキャピタル(本社:東京都港区/代表:竹井 博康)は、ピクセラ(本社:大阪府大阪市/代表:藤岡 浩)の再生支援を目的とした総額14億円のエクイティファイナンスの引受を決定したと発表した。

 Oakキャピタルは、1918年設立され漁網製造を行っていたが企業の再建と育成を目的とする投資事業へ転換し、手元資金を使った上場企業への新株予約権投資を主要業務とする。

 一方、ピクセラは、デジタル機器を中心に、あらゆる規格でソフトウェアからハードウェア半導体設計に至るまで自社開発しているが、債務超過に陥り上場廃止に係る猶予期間入りとなっていた。

 Oakキャピタルは、ピクセラの再生と成長戦略を推進するに当たり、同社の財務体質改善と再生支援を目的に、新株の引受や新株予約権の引受で総額14億円のファイナンス引受を実施する。

(金融・リース・レンタルのM&Aニュース)

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。