HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

三菱重工業グループ、ユニキャリアHDを買収

掲載日:2015年08月03日

 三菱重工業(本社:東京都港区/代表:宮永 俊一)と三菱重工業グループのニチユ三菱フォークリフト(本社:京都府長岡京市/代表:二ノ宮 秀明)は、本年末をめどにユニキャリアHD(本社:東京都品川区/代表:志岐 彰)の全株式および新株予約権を産業革新機構、日立建機および日産自動車から譲り受けると発表した。株式取得割合は三菱重工65%、ニチユ三菱35%。株式取得価格は約1,100億円超(予定)。

 三菱重工は、中期経営計画において、事業各度合の加速によりグローバル競争力を強化することを基本方針の一つと掲げており、フォークリフト事業を今後も同社のグローバル身長事業として位置づけている。ニチユ三菱は、中期経営計画において、グローバルリーディングカンパニーとしてのポジション確立を目指しており、事業規模の更なる拡大とグローバルなシェアアップ戦略を採っている。

 一方、ユニキャリアは、平成25年4月に日立建機と日産自動車それぞれの子会社が統合し発足した。フォークリフト業界では、グローバル競争の激化を背景として、収益性確保のためには事業規模の拡大がより一層重要性を増しており、世界的な環境問題への対応に伴い、新技術を含めた研究開発においても規模の拡大が不可欠となっている。

 三菱重工のニチユ三菱は、本株式取得を通じて、フルラインナップ化により顧客の多様なニーズへの対応力を向上するとともに開発力を強化することで、製品競争力を向上させることを目指す。

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。