HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

キリンHD<2503>、ミャンマーのビール最大手を買収

掲載日:2015年08月20日

 キリンHD(本社:東京都中野区/代表:磯崎 功典)の東南アジア地域統括会社であるキリンHDシンガポール社は、ミャンマーでビール事業を展開するミャンマー・ブルワリー社(本社:ミャンマーヤンゴン市/代表:ネイ・ウィン)の発行済株式総数の55%の株式を保有するフレイザー・アンド・ニーヴ社より同社保有株式全株を取得したと発表した。取得金額は約697億円。

 ミャンマー・ブルワリー社は、ミャンマービール等のブランドを製造・販売するミャンマー第一位のビール事業を展開し、製造拠点のあるヤンゴンを中心とした販売網を通じて、同国全土にその事業を拡大している。

 キリンHDは、現行の長期経営構想の中で、オセアニア、ブラジル、東南アジアを主とするグローバルでの地域統括体制の下、総合飲料事業を展開しており、今回の投資により、東南アジア地域において更なる事業基盤の構築を図る狙い。

(食品製造のM&Aニュース)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。