HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

寺田倉庫と誠勝、資本・業務提携へ

掲載日:2015年11月11日

 寺田倉庫(本社:東京都品川区/代表:中野 善壽)と誠勝(本社:東京都新宿区/代表:山本 大視)は、新規事業の開始に向け2015年10月30日に資本・業務提携したと発表した。

 寺田倉庫は、1950年の創業以来従来の倉庫業の枠組みを超え保管するものの本質を学び、極めて最適な条件で「保存・保管する」事業を展開し、また、スペースを活用するノウハウを駆使し、積極的な設備投資を行っている。美術品、映像・音楽媒体メディア、ワインといった専門性の高い商品の保存・保管技術は業界内で高い評価を得ている。

 一方、誠勝は、2012年の創業以来、一般法人、公益法人、企業の需要に特化し、日本古来の文献といった貴重な文書、書籍を裁断せずに電子化(非破壊スキャン)するサービスを提供している。これまでに雑誌バックナンバーや企業の社内報、学会資料、重要文化財など年間100万ページの文書の電子化を手掛け、また電子化したデータをクラウド上で保管・活用できる独自のデジタルアーカイブシステムを開発・保有している。

 この度の資本・業務提携により、両者は高度な拡張性と検索性を備えた独自のデジタルアーカイブシステムを研究・開発し、貴重書籍の電子化から保管サービスをワンストップで提供する。

(情報通信・物流・印刷のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。