HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

NTTアイティとフュートレック、多言語音声認識ソリューションの提供などに向け業務提携

掲載日:2016年05月24日

NTTアイティ(本社:横浜市中区、代表取締:長谷雅彦)とフュートレック(本社:大阪市淀川区、代表:藤木英幸)は、相互が保有する音声認識関連製品を組み合わせて、音声対話システムを活用した人工知能により高度化が進む、コンタクトセンタや会議支援、カーナビなどの産業分野におけるアジアパシフィック圏向けの多言語音声認識ソリューションの提供や新規市場への展開などに向けて、業務提携を進めると発表した。

NTTアイティでは、NTT研究所で研究開発された音響処理、音声認識技術をベースにした音声認識ソリューション「SpeechRec」シリーズを、NTTグループ他コンタクトセンタ市場向けなどに販売してきた。
フュートレックでは、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)の技術をベースに開発した音声認識技術を株式会社NTTドコモ「しゃべってコンシェル」に提供するとともに、多言語音声認識ソリューションを自動車や業務ソリューション市場向けなどに販売してきた。

近年、人工知能技術の発展とともに、国内外ベンダーが供給する音声認識技術も高度化し、音声認識応用市場が急速に拡大しつつある。このような状況において、話し言葉に対する高い認識精度を提供するNTTアイティと、日英及びアジア系言語を中心とした多言語音声認識ソリューションを提供するフュートレックの両社は、高い認識精度を持つNTTアイティの音声認識技術に、フュートレックが培ってきた音声認識のノウハウを融合するとともに、販売チャネルの統合や音声認識を活用した新規サービスでの開発連携によって開発投資を効率化することで、国内及び海外において音声認識事業の拡大を目指す。

今後、本提携を通じて、音声対話システムを活用した人工知能により高度化が進む、コンタクトセンタや会議支援、カーナビなどの産業分野におけるアジアパシフィック圏向けの多言語音声認識の提供や新規市場への展開などを強化していく予定。

なお、音声認識技術の高度化やその他多言語対応等の今後の研究開発にあたり、引き続き、各社は、NTT研究所、NICT及びGCPと連携して進める。

今後、NTTアイティとフュートレックは、両社が持つ技術やノウハウを相互に提供することで、新たな製品やサービスの開発と展開に取り組み、音声認識関連事業の拡大に取り組む。

(IT・情報通信のM&Aニュース)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。