HOME

>

M&A業界動向

>

その他製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他製造業界のM&Aニュース

EIZO<6737>、パナソニック ヘルスケアより手術・内視鏡用モニター事業を取得へ

掲載日:2016年06月07日

EIZO(所在地:石川県白山市、代表:実盛 祥隆)はパナソニック ヘルスケア(所在地:東京都港区、代表:小谷 秀仁)との間で、同社の手術・内視鏡用モニター事業を買収することにつき合意し、事業譲渡契約を締結したと発表した。

EIZOはVisual Technology Company として最先端の技術や蓄積したノウハウで、ヘルスケアやクリエイティブワーク、インダストリーなどの特定市場向けに事業領域を拡げ、世界トップレベルの高性能・高信頼性の製品開発とモニターソリューションの提案を通して、当該市場での事業拡大を図ってきた。

パナソニック ヘルスケアは、2010 年8 月より手術・内視鏡用モニター事業を展開しており、国内外の内視鏡等の医療機器メーカーとの間で良好かつ強固なパートナーシップを構築しているだけでなく、その製品は国内外の数多くの手術室に導入された実績を有する。

同社の手術・内視鏡用モニター事業をEIZO事業に加えることで、EIZOは2D のみならず3D/4K 対応の手術・内視鏡用モニターをフルラインナップ化することができ、また両社の技術を融合させることで、お客様に信頼される製品開発を進め、事業の拡大を加速できるものと判断した。

(その他製造のM&Aニュース)

その他製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。