HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

アパグループ、岡部より北米のホテルチェーンCoast Hotelを譲受けへ

掲載日:2016年07月29日

総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区、代表:元谷外志雄)は、カナダとアメリカ合衆国で39ホテルを展開するCoast Hotelを取得するため、岡部社と株式譲渡契約を締結したと発表した。
アパホテルがカナダに100%出資の子会社(以下「新設会社」という)を新たに設立し、新設会社が岡部社よりOkabe North America Inc.(以下「ONA」という)の発行済株式の全部を本年9月初旬に取得する。
なお新設会社による取得後、ONAの社名をAPA HOTEL CANADA Inc.へ変更する。

Coast Hotelはカナダ国ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市に本社を置き、Coast Coal Harbour Hotelをはじめ、カナダ国内に直営6ホテル1,188室(うち不動産の所有が5ホテル919室)、マネジメント契約5ホテル464室、フランチャイズ契約17ホテル1,910室、提携1ホテル44室、アメリカ合衆国内にフランチャイズ契約10ホテル1,222室で総計39ホテル4,828室を有する、ミッドスケール・フルサービスのホテルチェーン。

アパホテルは昨年11月にアメリカ合衆国ニュージャージー州に海外第一号ホテルとなるAPA HOTEL WOODBRIDEをフランチャイズ方式で開業し、改装を経て本年6月にグランドオープンをした。
Coast Hotelの取得により、パートナーホテルを含むアパホテルネットワークは、設計・建築中を含め、411ホテル、66,418室となり、北米エリアでは40ホテル、5,028室を有するホテルチェーンとなる。
今後は、北米西海岸地域に強みを持つCoast Hotelブランドを残して成長・発展させながら、Coast Hotelの持つマネジメント契約やフランチャイズ契約でのホテル展開のノウハウを活かして、アメリカ東海岸を中心にアパホテルブランドを増やしていく狙い。
さらにアパホテルとCoast Hotelの予約システムやポイントプログラムを共通化する等、ホテルチェーンとしての一体化を図る。

アパグループは本年を世界戦略元年と位置付け、フランチャイズ方式を基本に、M&Aや不動産の取得等を含めて、海外でのホテルの展開を本格化し、本件取得をきっかけに北米エリアでの事業基盤を固めた上で、次はアジアでの展開を目指す。

(飲食・ホテル・旅館のM&Aニュース)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。