HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

大江戸温泉物語、長崎および別府のホテルを買収

掲載日:2016年08月18日

大江戸温泉物語(所在地:東京都中央区、代表:森田 満昌)は長崎県長崎市にある『長崎ホテル清風』および大分県別府市にある『別府ホテル清風』を、2016年8月16日に取得したと発表した。

2003年に東京お台場の温泉テーマパークを開業した大江戸温泉物語は、「いつでも、気軽に、何度でも。たくさんの笑顔が溢れる、温泉の賑わいを」を大切にし、31か所の温泉宿と温泉テーマパークを運営してきた。
2016年5月末に宮城県の鳴子温泉にある2施設(「幸雲閣」および「ますや」)の取得に続き、今回初めて九州地方の施設を取得、事業展開する。
これにより北海道を除く地域にて33の施設を運営することとなる。

これまでに培ってきたノウハウを生かしながら、地元地域を含む全国のお客様に、より一層喜ばれ、親しんでいただける旅館事業のさらなる展開を目指す。

なお、『長崎ホテル清風』は営業を継続し、2017年以降リニューアルオープンを予定している。『別府ホテル清風』は2016年8月16日をもって休業し、同じく2017年以降全面リニューアルオープンに向け準備をしている。

(飲食・ホテル・旅館のM&Aニュース)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。