HOME

>

M&A業界動向

>

その他サービス業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他サービス業界のM&Aニュース

楽天<4755>、フリマアプリ運営のFablicを買収

掲載日:2016年09月05日

楽天(所在地:東京都世田谷区、代表:三木谷 浩史)は、スマートフォンで個人間の売買取引ができるフリマ(フリーマーケット)アプリ「フリル」を提供するFablic(所在地:東京都渋谷区、代表:堀井 翔太、以下「Fablic社」)の発行済み全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。

近年、個人間売買(C2C)市場は、スマートフォンを利用した、より手軽に売買ができるサービスへとシフトしてきている。また、オークション(入札)型と異なり、決まった価格でスピーディーに売買ができるフリマ型取引が人気を集めている。
「フリル」は、2012年7月に日本初のフリマアプリとしてサービスを開始して以来、順調にユーザー数を伸ばしており、現在アプリのダウンロード数は累計500万を超えている。
楽天も、2014年11月よりスマートフォンでの利用を中心としたフリマアプリ「ラクマ」を提供しており、流通総額を急拡大させている。

こうした中、楽天は、EコマースにおけるC2C事業のさらなる拡大を目指し、このたび楽天グループにFablic社を加えた。これにより、両社それぞれの顧客基盤や各サービスの強みを生かした様々な連携ができるようになる。

「フリル」は、サービス開始当初よりファッションや美容用品のジャンルに注力しており、10代後半から20代を中心とした多くの女性から支持を集めている。
一方、「ラクマ」は、各ジャンル均等に幅広いユーザー層を獲得している。
本年7月末時点での両社サービスにおける月間流通総額は合計で数十億円規模にまで成長しており、今後、相互送客などにおいて補完し合いながら、より効率的に顧客基盤の強化・拡大に取り組む。

具体的には、「フリル」においても「ラクマ」と同様に、楽天会員IDによるログインを可能にしたり、「楽天スーパーポイント」を活用したポイントキャンペーンを実施したりする予定。これにより、「フリル」ユーザーの利便性が向上するとともに、楽天グループ全体のユーザー層が広がり「楽天経済圏」の拡大にもつなげる考え。

楽天は今後、グループが持つマーケティングに関する知見や膨大な顧客基盤と、Fablic社がフリマアプリ市場の創出を通じて培ってきた高い企画・開発力を組み合わせることで、両社サービスにおける一層の利便性向上を図る。

(その他サービスのM&Aニュース)

その他サービス業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。