HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

横河電機<6841>、米のSoteica Visual Mesaを買収

掲載日:2016年11月09日

横河電機(本社:東京都武蔵野市、代表:西島 剛志)は、エネルギー・マネジメント・ソリューション(EMS)のリーディングカンパニーであるSoteica Visual Mesa, LLC(以下、Soteica)の株式を100%取得しましたと発表した。

また、これに合わせ、Soteicaと、高度クラウドソリューションビジネスを担う事業ユニットとして今年2月に設立したIndustrial Knowledgeの事業運営を、今年4月に買収したKBC Advanced Technologies, Ltd.(以下、KBC)に統合することを決定した。

横河電機は、プラントのユーティリティ設備向けEMSの分野で豊富な実績をもつSoteica に2012年12月、44.3%の資本参加をし、連携した活動を行ってきた。また、今年2月には、YOKOGAWAにおける高度クラウドソリューションビジネスの中核となる事業ユニットとしてIndustrial Knowledgeを設立した。
Industrial Knowledgeは、昨年12月に買収したIndustrial Evolution, Inc のクラウドソリューションの技術を活用し、企業の枠を超えた情報収集・提供の仕組みを構築してDaaSビジネスを展開してきた。

KBCは、石油・ガス産業のアップストリーム(開発・生産工程)からダウンストリーム(精製工程)までを対象に、操業効率向上や収益性改善を実現するソフトウエアとコンサルティングサービスを提供し、世界各地のお客様から高く評価されてきた。

横河電機は同社の優れた技術とコンサルティング力に着目し、経営層向けのコンサルティングサービスから、生産現場向けの制御システムやフィールド機器を含んだ包括的なソリューションをお客様に提供していくことを目的に、本年4月、KBC を買収した。

EMSビジネスの大幅な強化に加え、クラウドを利用した新しいサービスの提供を進め、これによりお客様へ新たな価値の創造とその効果を持続させる取り組みを加速させる狙い。

(機械・金属製品製造のM&Aニュース)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。