>

>

中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A業界動向・ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

永谷園ホールディングス<2899>、英のBroomcoを買収へ

掲載日:2016年12月05日

永谷園ホールディングス(本社:東京都港区、代表:永谷泰次郎、以下「永谷園HD」)は、英国のフリーズドライ食品会社Chaucer Food Groupの親会社であるBroomco (3554) Limited(本社:North Humberside、CEO:Andrew James Ducker、以下「Broomco社」)の株式を株式会社産業革新機構(以下、「産業革新機構」)と共同にて取得すること及び株式取得に伴う資金の借入れを決議し、株式譲渡契約(以下、「本株式譲渡契約」)を締結したと発表した。
Broomco社に対する出資比率は、永谷園HDが60%、産業革新機構が40%となる。
まず永谷園HDがBroomco社の発行済株式の全てを取得した後に、産業革新機構にその40%に相当する株式を譲渡する予定。

永谷園HDは昭和28年の創業以来、「味ひとすじ」の企業理念のもと、創意と工夫でお客様においしさを提供してきた。今後も、グループのさらなる成長には、国内外において新しい事業領域に挑戦することが最重要課題であると認識している。

このような中で、国内市場においては、個人消費の伸び悩みや少子高齢化、食の個食化といった外部環境の変化により企業間競争が激化する一方で、海外市場においては、今後も人口増加が見込まれるとともに、日本食ブームや健康志向など食の多様化が進んでいる。なかでも欧米の先進国では食の高付加価値化が進んでいることから、永谷園HDグループでは、そのニーズに応えることが可能な「フリーズドライ加工技術」を中心に今後の海外展開を推進していく考え。

今回、英国を本拠とし、世界各地にグローバルな販売チャネルと生産拠点を持つフリーズドライ食品及びパン製品メーカーであるChaucer社の買収を通じて、今後はChaucer社の海外における豊富な経営資源と永谷園HDグループが長年培ってきた製造ノウハウを融合させ、グループ全体での海外事業の拡大・強化を図る。

(食品製造のM&Aニュース)

食品製造業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

まずは譲渡先の案件をご覧いただき、貴社の買収ニーズに合致する譲渡案件が出てまいりましたら、
企業名が特定されない範囲での匿名情報(ノンネームシート)にて案件をご紹介いたします。
No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
80335 食品製造 4億円 関東
19844 出版・印刷・広告・教育 6億円 関東
40790 飲食・ホテル・旅館 4億円 関東
78720 その他卸・小売 10億円 関東
54145 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 1億5000万円 関東

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

M&Aのセミナーにご興味のある方

セミナー参加を
ご希望の方

M&Aに関する無料相談をご希望の方

無料相談を
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。