HOME

>

M&A業界動向

>

その他サービス業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他サービス業界のM&Aニュース

RIZAPグループ、ジーンズメイト<7448>に対するTOB開始及び第三者割当増資を引受け

掲載日:2017年01月18日

減量ジム「RIZAP」の運営などを行うグループの持株会社であるRIZAP グループ(本社:東京都新宿区、代表:代表取締役社長 瀬戸 健)は、1月16日開催の取締役会において、アパレルチェーンのジーンズメイト(本社:東京都渋谷区、代表:代表取締役社長 冨澤 茂)を連結子会社とすることを目的として、公開買付けにより取得すると発表した。また、この公開買付けの成立を条件として、ジーンズメイトが実施する第三者割当増資の全てを引受けジーンズメイトの親会社となること、及び資本業務提携契約を締結することも発表した。第三者割当増資は、発行価額総額約645 百万円。

ジーンズメイトの創業家等が所有する普通株式の全て(所有割合52.62%)について、公開買付けに応募する旨の公開買付応募契約を平成29年1月16日付で締結している。

ジーンズメイトは、昭和 35 年 10 月に、岡山県児島市(現 岡山県倉敷市)に設立。以来、衣料品製造卸売業を営んでいるが、ジーンズ小売業の将来性に着目して昭和 53 年4月に「JEANS MATE」を出店し、ジーンズ小売業に参入した。平成 28 年 11 月現在、全国で 94 店舗 を運営している。

RIZAP グループには、フィットネスクラブ運営のほか、アパレル・美容関連企業も存在しているため、経験やノウハウを活用し、より強固な事業展開ができるものとしている。

なお、この公開買付けは、ジーンズメイト株式の上場廃止を企図するものではないが、公開買付けにおいて買付予定数の上限を設定していないため、公開買付けの結果次第では、同社株式は上場廃止となる可能性がある。

(その他サービスのM&Aニュース)

その他サービス業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。