HOME

>

M&A業界動向

>

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

協和発酵キリン<4151>、傘下の千代田運輸をハマキョウレックスに売却

掲載日:2017年02月27日

医療用医薬品事業・バイオケミカル事業等を手掛ける協和発酵キリン(本社:東京千代田区、代表:代表取締役社長 花井陳雄)は、連結子会社の協和キリンプラス(本社:東京中野区、代表:代表取締役社長 棚澤昌純)が、協和キリンプラスの子会社である千代田運輸(本社:山口県防府市、代表:社長 平尾修章)の発行済株式の100%を、ハマキョウレックス<9037>(本社:静岡県浜松市、代表:代表取締役社長 大須賀秀徳)に譲渡することを決議し、協和キリンプラスとハマキョウレックスの間で株式譲渡に関する契約を締結したと発表した。
なお、千代田運輸の一部事業は、本株式譲渡前に吸収分割により、協和キリンプラスに承継される。

千代田運輸は、1969年に設立。医薬品・食品・自動車関連を中心に一般貨物輸送、倉庫業などロジスティック事業全般を展開している。なお、同社内に、グループ会社の構内作業にかかわる業務を受託する部署を有する。

ハマキョウレックスについては、1971年に設立。アパレル・食品・医薬品・医療機器などを中心に、物流センター事業(サードパーティロジスティクス(3PL)事業)、貨物自動車運送業を主に展開している。

(医薬品・化学薬品製造のM&Aニュース)

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。