HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品卸・小売業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品卸・小売業界のM&Aニュース

住友重機械工業<6302>、米国の真空ロボット製造販売会社を買収

掲載日:2017年03月02日

総合重機械メーカーである住友重機械工業(本社:東京都品川区、代表:代表取締役 別川俊介)は、真空ロボットを製造販売するパーシモン・テクノロジーズ社(以下「パーシモン社」)の株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は概算で36億円。

パーシモン社は、業界大手企業の真空ロボット部長であった Pippis氏が独立して、2010年7月に設立したベンチャー企業。主に半導体製造工程においてウエハーの搬送などに使用されクリーンで高い信頼性を要求される真空ロボットの製造・販売を行っている。

半導体、FPD向け真空搬送ロボット市場は約350億円の市場規模。真空ロボットの市場は、微細化・3D化により真空チャンバー内の加工需要が増加傾向にある。

住友重機械工業グループは、パーシモン社の持つ技術・製品、及び顧客関係性(信用力・人脈)により、事業拡大を見込む。

 
(機械・金属製品卸・小売のM&Aニュース)

機械・金属製品卸・小売業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。