HOME

>

M&A業界動向

>

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、 米国Sunoco LP社から3659億円で一部事業を取得

掲載日:2017年04月10日

セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役社長 井阪 隆一)は、連結子会社である 7-Eleven, Inc.(本社所在地: 米国テキサス州、President and CEO:Joseph M. DePinto)が、米国 Sunoco LP 社からコンビニエンス ストア事業及びガソリン小売事業の一部を取得することを決議したと発表した。

取得価額は3,305.6 百万ドル (日本円で3,659億9600万円) ※U.S.$1 = ¥110.72
個店毎のキャッシュ・フローを基に取得価額を算定している。

Sunoco LP 社は、米国テキサス州及び東部エリアなど 7-Eleven, Inc. が出店している地域に多くの店舗を展開しており、コンビニエンスストア事業及びガソリン小売事業の一部を取得することにより店舗網の拡充や利便性向上を進めるとともに、収益性の改善を図る。また今後 15 年間において Sunoco LP 社よりガソリンの供給を受ける契約を締結する予定。

7-Eleven, Inc.は、平成 28 年 10 月に発表したグループの中期経営計画のもと、平成 31 年度における商品平均日販 5,000 ドル及び店舗数 10,000 店を目指し、更なる商品力の強化と店舗網の拡充を推進している。

(食品卸・小売(スーパー)のM&A)

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。