HOME

>

M&A業界動向

>

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

アドバンテッジ、学習塾等展開の「やる気スイッチ」を買収

掲載日:2017年06月05日

アドバンテッジパートナーズがサービスを提供するファンド(以下、「AP ファンド」)が出資する特別目的会社は、やる気スイッチグループホールディングス(本社:東京都中央区、代表:代表取締役 松田 正男、以下「やる気スイッチグループ」)の全株式を譲り受けたと発表した。

やる気スイッチグループは、傘下の子会社を通じ、個別指導塾・英会話スクール・幼児教育・民間型託児保育などの運営を行っている。 展開ブランドとして、フルオーダーメイドの個別指導塾の「スクール IE」、英語が身に付く学童保育 「Kids Duo」等運営している。特に、スクール IE は個別指導塾業界で高いシェアを有しており、 FC を含め日本全国で 1,027 教室(2017 年 2 月時点)を展開している。また、共働き世帯の増加を背景にした学童・幼児の保育需要を取り込み、関東圏を中心に 93 教室を展開する Kids Duo を始めとして、幼児教育分野においても事業展開を加速させている。

現在、国内・海外ともに 高い顧客の支持に支えられたグループ全体の売上高は約 160 億円、グループ全体の運営教室 数は 1,317 となっており、スクール IE の安定した事業基盤と幼児教育分野における高い成長性を有している。

なお、やる気スイッチグループの事業基盤を 40 年に亘り築き上げてきた創業者の松田正男氏は 特別目的会社に一部出資を行い、社長も続投する予定。やる気スイッチグループは今後、現役職員・AP ファンドが一体となって「第二の創業」を進めるとともに、将来の株式上場により、永続する企業として更なる発展を目指していく方針。

また、今般の株式譲受に伴い、特別目的会社はリンクアンドモチベーション(本社:東京都中央区、代表:代表取締役会長 小笹 芳央 )からの一部出資も受け入れた。リンクアンドモチベーションは「モチベーション」を切り口としたコンサルティング会社で、傘下に小・中・高等学校を対象とした外国語指導講師の配置を行う民間最大手企業の株式会社リンク・インタラック、外国人材の 採用・育成・生活サポートを提供するリンクジャパンキャリアを有している。

AP ファンドは、やる気スイッチグループがこれまで築き上げてきた事業基盤を高く評価しており、 今後、経営基盤の一層の強化と各ブランドの更なる発展を支援する予定。

(出版・印刷・広告・教育のM&A)

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。